ジルコニアを使ったセラミック矯正の特徴とは?ビフォーアフターを写真付きで紹介

歯並びをきれいに整える矯正治療法はいろいろありますが、その一つにセラミック製の被せ物を利用したセラミック矯正があります。

以前は、内面を金属で補強したタイプのセラミック製の被せ物によるセラミック矯正がよく行われていました。しかし、近年、金属を全く使用しないジルコニアというタイプのセラミック製の被せ物によるセラミック矯正が注目されています。

ジルコニアを使ったセラミック矯正とはどのようなセラミック矯正なのでしょうか。

今回は、ジルコニアを使ったセラミック矯正の特徴をご紹介します。

ジルコニアってどんな素材?

ジルコニアとは、セラミック材料の一種で人工ダイヤモンドとして知られている素材です。光透過性を有しているのが特徴です。

そのため、ジルコニアを使った被せ物は、本物の歯と同じような色味や透明感を再現することができます。

ジルコニアのメリット

・金属を全く使わない

ジルコニア冠には、オールセラミッククラウンともよばれる歯全体をセラミックで覆う全部被覆冠の一種です。

陶材焼付鋳造冠、いわゆるメタルボンドの内面のフレーム構造を金属からジルコニアに取り替えています。

金属を使わないので、金属アレルギーのある方も安心です。

・耐久性や安全性が高い

ジルコニアは、結晶成分の構造がとっても緻密なので、素材そのものの耐久性が高いのが特徴です。

強度もしっかりしており、しかも身体にアレルギー反応などを示すこともなく安全性も高いという利点もあります。

・仕上がりがよりきれい

前述したように、ジルコニアは光透過性がある素材です。

そのため、従来の主流だった内面フレームに金属を使った陶材焼付鋳造冠と比べて、透明感と自然感をより再現しやすくなっています。

本物の歯と変わらないくらい自然な感じに仕上がるのです。

ジルコニアのデメリット

ジルコニアのデメリットは陶材焼付鋳造冠と比べて、製作にかかるコストが高くなるのがデメリットです。

CAD/CAMの加工精度が向上したことは、ジルコニアが近年普及し始めた大きな原因となっています。

ジルコニアは加工する際に、高性能なCAD/CAMの存在が欠かせないため、陶材焼付鋳造冠よりも高額なコストが発生してしまうのです。

ジルコニア形成時の注意点

ジルコニア冠の形成時の2大原則は『滑らかな形成面にすること』『アンダーカットを決して作らないこと』です。これは、前歯でも臼歯でも重要です。

・前歯部形成時の注意点

前歯部のジルコニア冠の形成に必要な歯質の削除量は、唇側面で1.0〜1.5mm、舌側面も1.0〜1.5mm、切縁部では少し多くなり1.5〜2.0mmです。

形成時の注意点としては、唇側面は滑らかな3面形成とし、隣接面は切端から1/3〜1/4部分を境にした2面形成にしなければなりません。

マージン部分は、ディープシャンファー形態にし、切縁部には丸みをつけるようにしてください。

・臼歯部形成時の注意点

臼歯部のジルコニア冠の形成に必要な歯質の削除量は、頬側面で1.0〜1.5mm、舌側面も1.0〜1.5mm、咬合面になると厚みを確保する必要があるために1.5〜2.0mmとなります。

中心窩の削除量が不足することがあるので、注意してください。

形成時の注意点としては、頬側面/舌側面ともに機能咬頭は3面形成、非機能咬頭は2面形成、隣接面は1面形成になるように形成しましょう。

マージンの形態は、前歯と同様にディープシャンファーです。

ジルコニアを使ったセラミック矯正とは

セラミック矯正とは、ジルコニアなどのセラミック製の被せ物をつけることで、歯の並びや形をきれいに見せる矯正法です。

一般的な矯正治療と違い、歯を動かすことはありません。歯の位置自体はそのままに、歯並びをきれいに見せるところに特徴があります。

こうした特徴から、セラミック矯正は被せ物治療のことを補綴治療ということから、補綴矯正(ほてつきょうせい)と呼ばれます。

ジルコニアを使うセラミック矯正は、人工物感のない本物の歯のような仕上がりになることも特徴です。

ジルコニアを使ったセラミック矯正のメリット

セラミック矯正のメリットは以下の通りです。

・治療期間が短い

セラミック矯正は、歯を動かさず、ジルコニアなどの被せ物をつけることで歯並びをきれいに整える治療法です。

被せるだけなので、普通の矯正治療と比べて治療期間が短くて済みます。

・歯の色も白くできる

セラミック矯正は、歯並びをきれいにするだけでなく、歯の形や色味も同時にきれいにすることが出来ます。もちろん、より白くすることも可能です。

・矯正装置がいらない

現在の矯正治療の主流であるマルチブラケット法では、歯の表面にブラケットとよばれる金属製の金具をつけて、ブラケットを通して歯全体にワイヤーをかけて歯を動かしていきます。

ブラケットとワイヤーはかなり目立ちますし、食べ物が挟まりやすくなる上、歯磨きはしにくいです。頬や唇に当たって傷つけることもあります。

セラミック矯正ならこうした矯正装置を一切使いません。

・後戻りが生じない

普通の矯正治療の場合、治療が終わった後、保定装置が欠かせません。なぜなら、歯が元の位置に戻ろうとする後戻り現象が生じるからです。

保定装置とは、後戻りを防ぐための治療器具です。セラミック矯正なら、歯を動かさないので、後戻りが生じません。

ジルコニアを使ったセラミック矯正のデメリット

セラミック矯正のデメリットは以下の通りです。

・歯を削る

セラミック矯正では、ジルコニアを被せるために歯を削らなくてはなりません。

・症状によっては歯の神経を取らなくてはならないこともある

歯並びによっては、歯をたくさん削らなくてはならないことがあります。

歯をたくさん削ると、歯がしみて痛くなるリスクが高くなるため、歯の神経を取り除かなくてはなりません。

・治療後はしっかりとメンテナンスを受ける必要がある

セラミック矯正を受けた歯は、本来の歯の向きと異なる形になります。

そのため、ジルコニアの縁などに磨き残しが生じたり、プラークが付着しやすくなったりし、虫歯や歯周病になるリスクが高まるのです。

そうならないためにも、治療後は定期的なメンテナンスを受けることが欠かせません。

ジルコニアを使ったセラミック矯正が適しているケースとは?

ジルコニアを使ったセラミック矯正が適しているケースとはどのようなものでしょうか。詳しく解説します。

・上顎前突の場合

上顎前突とは、上顎の前歯が下顎の前歯よりもかなり前に出ている歯並びです。一般的には出っ歯と呼ばれています。

上顎前突になるのは「前歯のサイズが大きい」「前歯が前に向かって大きく傾いている」「噛み合わせが深くて、下顎の前歯が隠れてしまう」などさまざまな原因があるのです。

・上顎前歯の叢生がある場合

叢生(そうせい)とは、凸凹とした歯並びのことです。

叢生には、いろいろな症状があります。中切歯(1番前の歯)が前に飛び出して、側切歯(2番目の歯)が隠れてしまうタイプ、中切歯が大きく前に傾いているタイプ、犬歯(3番目の歯)が歯の並びからはみ出しているタイプなどです。

叢生症例もセラミック矯正が得意とする症例の一つです。

・正中離開の場合

正中離開(せいちゅうりかい)とは、上顎の中央部に隙間ができた歯並びのことです。

上顎前突によるものや、上唇小帯(じょうしんしょうたい)という太い筋が上顎の左右の中切歯(一番目の歯)の間に走っているために起こったものなど、原因はいろいろあります。

セラミック矯正を行えば、こうした症状も早期に改善可能です。

・治療期間を短くしたい場合

一般的な矯正治療は、歯を動かして、全体的な歯並びを整えていきます。

歯はゆっくりと動かさないと動かなくなる性質があるので、2〜3年ほども時間がかかります。

2〜3年も通院できないという方や、出来るだけ早く歯並びをきれいに整えたいという方もセラミック矯正が適しています。

・矯正装置をつけたくない場合

セラミック矯正は、前述したように矯正装置を使いません。

正装置をつけたくない方も、セラミック矯正がよいでしょう。

ジルコニアを使ったセラミック矯正の手順

ジルコニアを使ったセラミック矯正の手順を段階を追ってご説明します。症状によっては多少の違いがある場合もありますが、概ねこのような順序です。

手順1:カウンセリング

カウンセリングで歯並びのどの点が気になっているのかを伝えましょう。

その上で、セラミック矯正にかかる時間やその手順、費用などの概略に関しての説明があるでしょう。

手順2:検査

セラミック矯正に取りかかる前に、歯並びや骨格、そして歯の状態を検査します。

具体的には、歯周病や虫歯の有無のチェックやレントゲン写真撮影による骨の状態などの検査です。

もし、歯周病や虫歯が見つかった場合は、そちらの治療を優先して行い、治療が終わってからセラミック矯正に取りかかることになります。

手順3:シミュレーション

歯の石膏模型を利用して、どのような歯の形になるのか、向きを含めた歯の並び方はどうなるのかを説明します。

その治療方針に了解を得ることができれば、セラミック矯正のスタートです。

手順4:形成と仮歯のセット

局所麻酔の注射をしてから、事前のシミュレーションに合うように、歯を削り、歯型を取ります。

もし、術後に歯がしみて痛くなることが予想される場合は、事前に歯の神経を取り除く治療を行うのです。

歯を削ったのちは、仮歯を装着します。仮歯は、ジルコニアほどきれいなものではありませんが、術後の状態に出来るだけ合うよう作られています。

手順5:ジルコニアのセット

ジルコニアが完成したら、歯に装着してセラミック矯正が完了です。

この後は、歯磨きがきちんとできているか、噛み合わせに問題がないかどうかなどを数日経ってから歯科医院でチェックしてもらうことになります。

ジルコニアを使ったセラミック矯正のビフォーアフター

それでは、ジルコニアを使ったセラミック矯正の実例をご紹介します。

正中離開の改善例

Before

上顎の前歯の中央部に大きな隙間があります。

左側上顎の中切歯(1番目の歯)が左前方方向に傾き、その隣にある側切歯(二番目の歯)が隠れてしまっています。

After

上顎の前歯の中央にあった隙間がなくなり、前歯の向きが全て整えられました。

結果、上下の歯並びも違和感がなくなり、自然な感じの歯並びになっています。

・上顎前突症の改善例

Before

上顎の中切歯(一番目の歯)が左右両方とも前方に大きく傾いています。

そのため、側切歯(二番目の歯)が中切歯の陰になっています。

After

 

中切歯の前方への傾きがなくなり、出っ歯のような感じがみられなくなりました。

隣の側切歯との歯の並びかたも自然な感じとなり、上顎の前歯部の歯並びが整ったことがわかります。

ジルコニアを使ったセラミック矯正はメリットが多い

今回は、ジルコニアを使ったセラミック矯正についてお話ししました。

ジルコニアを使ったセラミック矯正の特徴は以下の通りです。

  1. 本物の歯のような美しさ
  2. 治療期間が短い
  3. 歯の形や色味を希望に合わせて調節できる
  4. アレルギーなどを起こさないので安全性が高い

その反面、歯を削る、神経を取り除かなくてはならないこともあるなどのデメリットもあります。

ジルコニアによるセラミック矯正は、特に上顎前突や叢生などの歯並びに適した治療法なので、こうした症状で悩んでいる方は、一度ご検討になってはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です