4つの方法で綺麗な歯並びに!すきっ歯の矯正の注意点

「すきっ歯って矯正で綺麗に直すことができるの?」
「すきっ歯を矯正する具体的な方法を知りたい!」

すきっ歯は口を開けたときの印象を大きく左右するものであり、コンプレックスに感じている人も多いでしょう。しかし、こうしたすきっ歯は矯正で直すことができます。そのためすきっ歯に悩み続けるよりは、あなたに合った方法で矯正してしまった方がその後の生活が楽になるはずです。

そこで今回の記事では、すきっ歯の矯正について解説していきます。具体的な4つの方法について特徴、費用、期間を紹介し、矯正のために今すぐ着手する方法をお伝えします。

この記事を読むことで、あなたのすきっ歯を綺麗に直す行動を始めることができるはずです。すきっ歯はしっかりと直せるものなので、これ以上悩み続けずに行動を起こしていきましょう。

すきっ歯は歯列矯正で綺麗にできる!

はじめに、すきっ歯は矯正で綺麗に直すことができます。しかし、裏を返すとすきっ歯を直すためには矯正以外に効果的な方法が多くないことも事実です。そのため、まずはすきっ歯を矯正する方法について具体的に理解しておくことが求められます。

すきっ歯を自分で矯正するのは難しい

そもそもすきっ歯を自分で矯正することはできるのでしょうか。すきっ歯は主に前歯に隙間のある状態ですが、これを自分で矯正するのは難しくなります。歯は長期にわたって力をかけることで確かに動かすことができます。これが歯列矯正の仕組みでもあります。

しかし自分で長期にわたって力をかけて歯を動かすと、かみ合わせや外観に悪影響が起こる場合があります。歯を動かすためには、動かした後の状態を専門的な知見から想定する必要があるのです。

つまり自分で歯の位置を変えてすきっ歯を矯正することには無理があります。歯の状態が余計に悪化する恐れもあるため、矯正は歯科医院で行いましょう。

すきっ歯を矯正する4つの方法

それではすきっ歯を矯正する具体的な方法について解説していきましょう。すきっ歯を矯正するためには、以下の4つの方法がメインになります。

  • ワイヤー矯正
  • マウスピース矯正
  • 部分矯正
  • セラミック矯正

この中から、あなたに合った矯正方法を選び実施することですきっ歯を綺麗に直すことができるのです。では、以下でそれぞれについて詳しく確認していきましょう。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正はプラケットという金属器具を用いて、歯の位置を変えていく矯正方法となります。そのためすきっ歯についても歯の位置を変えて対応していくこととなります。

例えば、歯の位置が前後することで隙間が空いているような場合、ワイヤー矯正で歯並びを整えることがすきっ歯の改善につながるのです。ワイヤー矯正は他の矯正方法と比較して、対応できる歯並びが広くなるため多くの場合に利用することができるでしょう。

マウスピース矯正

マウスピース矯正もワイヤー矯正と同様に長期にわたって歯に力をかけることで歯の位置を変えていく方法になります。ワイヤー矯正との大きな違いは、歯の移動に使うのがマウスピースであり、着脱が可能という点です。

しかしマウスピース矯正はワイヤー矯正ほど幅広い歯並びに対応できるわけではないので、あなたのすきっ歯に合うか否かを慎重に見極める必要があるでしょう。

部分矯正

部分矯正は、基本的にワイヤー矯正を一部の歯にのみ施すものとなります。そのためワイヤー矯正よりも安価にピンポイントの矯正を実現できる点に魅力があるのです。

すきっ歯は前歯にのみ起こるケースも多いため、場合によっては部分矯正で前歯だけを集中的に矯正するのが合うこともあります。しかし一部のみを矯正することになるため、歯全体のかみ合わせまで想定して施術できる技術が必要になるでしょう。

セラミック矯正

セラミック矯正はここまで紹介してきた矯正方法と異なり、元の歯を削り、その上からセラミックで作成した人工歯をかぶせて行う矯正です。そのため、歯そのものが小さく、隙間を詰めてもすきっ歯を改善できないような状態に利用しやすくなります。

またセラミック矯正は1本から行うこともできるため、ピンポイントのすきっ歯矯正にも適しています。ただし歯を削ることになるので、すべての歯にセラミック矯正を行うことについては慎重になる必要があります。

4つの方法の価格と期間を比較

以下は先ほど紹介した4つの方法の価格相場と矯正期間です。

矯正方法 価格相場 矯正期間
ワイヤー矯正 50万円~100万円程度 2年~3年
マウスピース矯正 30万円~60万円程度 1年半~2年
部分矯正 10万円~60万円程度 3か月~1年
セラミック矯正 10万円~20万円/1歯 1か月~2か月

しかし、上記の数値はあくまで相場となります。そのため、すきっ歯の状態によって価格も期間も前後することを頭に入れておいてください。

すきっ歯の矯正に保険は適用されない

続いて価格との関係で気になるのが保険適用の有無でしょう。この点、原則としてすきっ歯の矯正に保険は適用されません。保険は治療をしなければ健康に支障が出る状態のすきっ歯にのみ適用されるので、審美目的の矯正のみでは適用を受けることができないのです。

ただし、すきっ歯の状態によっては保険適用できる場合もあるのであらかじめ歯科医に相談してみるべきでしょう。先ほど紹介したとおり矯正はいずれの方法であっても一定の費用が必要になるので、保険適用の有無は事前に確認しておくべきでしょう。

すきっ歯の矯正のためにカウンセリングを受けよう

さて、ここまでの解説ですきっ歯を矯正する方法については理解ができたと思います。いずれの方法があなたの歯に合うかは、カウンセリング時に歯科医に確認してみてください。実際に矯正に入る前のカウンセリングは、あなたに合った矯正方法を見つけるのみならず多くの面で有益なものです。

記事の最後では、矯正前に様々な情報を確認する場として利用してほしいカウンセリングについて紹介します。

カウンセリングで得られる2つの情報

カウンセリング時に必ず確認してほしい項目は以下の2つとなります。

  • あなたのすきっ歯に適した矯正方法
  • 矯正にかかる費用と期間

保険適用の有無については適した矯正方法の中で確認してみてください。これらの矯正方法、費用、期間を理解することですきっ歯の矯正について具体的なイメージを持つことができるようになるはずです。

カウンセリングでは細かな疑問も解消

またカウンセリングでは、矯正方法以外についての細かな疑問もすべて解消しておくことをおすすめします。やはり歯列矯正には一定の費用と期間がかかるため、小さな不安点も解消しておくべきなのです。

例えば、すきっ歯を矯正する際のリスクやデメリットについても遠慮なく聞いてみましょう。ここで小さなものでも疑問を残してしまうと、あとあとの不安につながっていきます。そして、さらに言うならばあなたの小さな疑問にどれだけ真摯に答えてくれるかによって医師の信頼度をはかることもできるのです。

実際に矯正に着手してしまうと後戻りできないケースが多いので、不安や疑問はカウンセリングの場を利用して解消してみてください。

複数の歯科医院でカウンセリングを受けても良い

施術前のカウンセリングは複数の歯科医院で受けても構いません。手間こそかかりますが、そうした方があなたに合った歯科医院を見つけることができます。

ただしカウンセリングを受ける歯科医院については、自宅から通いやすいところにしぼっておくのがおすすめです。あまりに遠い歯科医院だと緊急の場合に訪れることが難しいためです。あなたもまずは自宅周辺の歯科医院でカウンセリングの予約をしてみましょう。それがすきっ歯を矯正する第一歩になります。

まとめ

いかがだったでしょうか?今回はすきっ歯の矯正について解説いたしました。すきっ歯は自分自身で無理に矯正するのはリスクが高いので、歯科医院で綺麗に整えてもらいましょう。

以下は今回の記事のポイントです。

  • すきっ歯を自分で矯正しようとするとかみ合わせに悪影響が起こる恐れ
  • すきっ歯を矯正する方法は大きく4つ
  • 矯正方法、価格、期間はカウンセリングで確認
  • 複数の歯科医院でカウンセリングを受けるのもおすすめ

ほとんどの場合、すきっ歯は矯正でしっかりと直すことができるものです。そのためすきっ歯に悩み続けるよりは、一度カウンセリングを受けてすきっ歯を根本から矯正してしまうことを検討してみてください。

そうすることで、口元のコンプレックスを解消して前向きな毎日を送ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です