綺麗な歯並びの3条件!劣等感を解消する最適な矯正方法を見つけよう

 

「綺麗な歯並びってどの程度のもの?確かに芸能人の歯は綺麗だけど…」

「歯並びを綺麗にするために矯正したいけど、どんな方法があるの?」 綺麗な歯並びには、心から憧れますよね。ふと口が開いたときに、白い歯が美しく生えそろっていると、それだけで印象がアップします。

しかし、そもそも綺麗な歯並びって具体的にどんなものなのでしょうか?芸能人の歯は確かに綺麗ですが、一般人の場合はどの程度を目指すべきなのでしょう。

そこで、今回の記事では、

  • 綺麗な歯並びを決める3つの条件
  • 日本人と欧米人の歯並びの違い
  • 歯並びが悪くなる4つの原因
  • 歯並びを矯正する3つの方法

を解説します。

歯並びを綺麗にするためには、そもそもどういった歯並びが綺麗なのかを知り、また歯並びを悪くする原因を知る必要があります。そのうえで、あなたに合った矯正方法を見つけて、印象の良い美しい歯並びを手に入れましょう。

綺麗な歯並び、3つの条件

それではさっそく綺麗な歯並びの3つの条件を解説していきましょう。まずは画像でいわゆる「綺麗な歯並び」を確認します。以下をみてください。

引用元:良い歯並び・悪い歯並び

こちらの画像は非常に美しい歯並びです。ここから3つの条件をとり出すと、以下のものが挙げられます。 それでは3つについて詳しく解説していきます。

上下の前歯の中心が一本の線に重なっている

綺麗な歯並びの1つ目の条件は、以下のように上下の前歯の中心を一本の線で結ぶことができるというものです。

引用元:良い歯並び・悪い歯並び

つまり上下の前歯の位置が左右対称なのです。これを一本の線で結ぶことができない場合は、歯の生える位置に問題があったり、骨格に問題があったりします。

上下の前歯が、前後方向・上下方向に2~3mm重なっている

続いて、2つ目の条件は上下の歯の重なりです。以下の画像をみてください。

引用元:良い歯並び・悪い歯並び

上下の重なりについて、画像の青線で囲んだ部分に注目してください。上の前歯が下の前歯を2~3mmほど覆っているのがわかるはずです。これが上下の重なりです。

前後の重なりについても上の前歯が下の前歯を覆うということは、上の前歯が前方向に少しだけ出っ張っているということです。これが前後の重なりです。

上下の歯が交互にかみ合っている

さいごに3つ目の条件、上下の歯が交互にかみ合っている点です。以下の画像をみてください。

 

引用元:良い歯並び・悪い歯並び

これは前歯を除く歯について確認すべきポイントとなります。画像の青線部分をみると、上下の歯が交互にかみ合っているのがわかるはずです。こうなることで、かみ合わせの際に上下の歯の間に無駄な隙間が生まれないのです。

このように綺麗な歯並びには、3つの条件があります。あなたも自身の歯並びを鏡で確認してみてください。

日本人は欧米人に比べて歯並びが悪くなりやすい

ここまでで綺麗な歯並びの条件が理解できたのではないでしょうか。あなたの歯並びはいかがでしたか?

もしかすると「私の歯はどの条件にも当てはまらなかった…」と肩を落としているかもしれません。しかし、実は多くの日本人は3つの条件を備えた歯を有していません。それは日本人の遺伝的な骨格が関係しています。

ここでは日本人と、歯が綺麗なイメージのある欧米人の歯並びの違いについて解説します。

頭蓋骨の形による違い

日本人をはじめとするモンゴロイドの頭蓋骨と、白人系のコーカソイドの頭蓋骨には違いがあります。以下の画像をみてください。

引用元:Where is a good site online to study the biological differences between the skulls of different races?

一見しただけではわかりませんが、モンゴロイドの頭蓋骨とコーカソイドの頭蓋骨には以下の2つの違いがあります。

  • モンゴロイドの頭蓋骨はコーカソイドの頭蓋骨に比べて、奥行きが浅い
  • モンゴロイドの頭蓋骨はコーカソイドの頭蓋骨に比べて、頬骨が高く横幅が広い

特に頭蓋骨の奥行きは、歯並びに大きく影響します。以下は綺麗な歯並びが描くアーチ型(歯列弓)です。

引用元:治療例 

このように歯が美しく並ぶためには、頭蓋骨に一定の奥行の深さが必要となるのです。このアーチ型を奥行の浅いモンゴロイドの頭蓋骨に無理に詰め込もうとすると、上記の画像の上下から歯並びが押しつぶされる状況となり、歯と歯が重なってしまう恐れがあります。

これこそ日本人の歯並びが悪くなりやすい骨格的な理由です。

歯並びの矯正習慣の違い

骨格のように先天的な理由ではありませんが、歯を矯正する習慣の違いも日本人と欧米人の歯並びの美しさが違う理由です。欧米の多くの国では保険制度との関係で、歯周病など歯に関する病気の多くが保険適用外の治療となります。

つまり高額な保険適用外治療を受けないように、歯をケアする習慣が根付いているのです。悪い歯並びはそれこそ虫歯・歯周病のリスクを高めるため、欧米人の多くは小さな頃に歯を矯正してしまいます。

つまり先天的に歯並びが悪くなりやすい日本人であっても、後天的に矯正することで欧米人のような美しい歯並びを手に入れられるのです。あなたも矯正を一つの選択肢に入れつつ、綺麗な歯並びを獲得していきましょう。

歯並びを悪くする4つの原因

先ほど欧米人と比較して、日本人の歯並びが悪くなりやすいと解説しました。ここでは先天的なものと後天的なものを含めて、歯並びが悪くなる4つの原因を紹介します。

遺伝

先ほど触れた頭蓋骨の奥行きの問題も遺伝によるものですが、それに加えて日本人は欧米人と比べて顎が小さいという特徴を持っています。

そして顎が小さいと、それだけ歯が美しく並ぶスペースがなくなります。つまり歯と歯が重なり合うなど、歯並びが悪くなりやすいのです。頭蓋骨の奥行きや顎の大きさと違い、歯1本の大きさにはそれほど個人差がありません。

そのため窮屈な中に通常の大きさの歯が生えようとすることで、歯の位置が上下左右にずれて、結果として歯並びが悪くなるのです。遺伝的な原因についてはあなたの力でどうすることもできないため、矯正を積極的に検討しましょう。

食生活

歯並びが悪くなる後天的な原因の一つに成長期の食生活があります。成長期に固い食べ物に接すると、それだけ噛む回数が増えるので顎が成長するのです。

つまり永久歯が美しく並ぶためのスペースが確保されます。現代はファストフードや洋食など、よく噛まずとも飲み込むことのできる食べ物が増えました。こういった食生活の変化が、ただでさえ遺伝的に小さい日本人の顎をさらに小さくしているのです。

しかし成長期を過ぎてから急に固い食べ物を食べるようにしても、歯並びを綺麗にする効果はありません。すでに歯が生えそろってしまっているためです。むしろ大人になってから歯に強い負担をかけることで、歯や顎に過度の負担がかかります。

クセ

あなたが無意識に行っているクセの中にも歯並びを後天的に悪くするものが含まれているかもしれません。代表的なのは以下の3つです。

  • 舌で前歯を裏側から押すクセ
  • 舌や唇を噛むクセ
  • 頬杖

これらは歯に一つの方向から力を加えるクセであるため、継続することで歯並びが悪くなっていくのです。舌で歯を押し続けると、それだけ歯が前方に突き出て出っ歯や受け口になります。舌や唇を噛むクセは、垂直に生えている歯をずらしていきます。

そして、頬杖は上下の歯の中心線のずれや、受け口につながります。こういったクセの多くは無意識に行われているため、常に意識して徐々に改善していきましょう。

口呼吸

昨今、慢性的な鼻炎により普段から口呼吸をしている人が増えています。またメールやSNSなど口を使わないコミュニケーション手段が発達していることも口呼吸に拍車をかけていると言われます。

このような口呼吸は唇で歯を内側に抑えこむ筋肉の弱体化と歯を前方に押し出す筋肉の強化をまねきます。つまり口呼吸が慢性化することで、出っ歯や受け口のリスクが高まるのです。

歯並びを矯正する3つの方法

ここまで綺麗な歯並びと、それを阻害する要因についてまとめてきました。日本人はそもそも歯並びが悪くなる傾向があるため、多少の欠点はあって当たり前なのですね。そのため「悪い歯並びは矯正して綺麗にする」と割り切って考えるのが大切です。

それをふまえて、最後に歯並びを矯正する3つの方法について解説します。それぞれの方法について解説した後に、歯並びを綺麗にする効果の高さを比較した表にまとめるので、あなたに合った矯正方法をチェックしてみてください。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正はプラケットという金属器具を歯に取り付け、通したワイヤーの力で歯の位置を変えていく方法です。後述するセラミック矯正も市民権を得てきましたが、未だに「歯の矯正=ワイヤー矯正」というイメージが根強いですね。

ワイヤー矯正は歯の表面に金属器具を取り付けるため、矯正中の見栄えが悪くなるというデメリットを持ちます。しかし歯を矯正する効果は非常に高くなります。

またワイヤー矯正には歯の裏側に金属器具を取り付けるものもありますが、こちらは見栄えこそ悪くならないものの舌が傷つきやすく、喋りにくくなるというデメリットを持ちます。

マウスピース矯正

マウスピース矯正は、透明のマウスピースを使って歯を矯正していくものです。約2週間ていどで新しいマウスピースを作り、徐々に歯の位置をずらしていきます。

こちらはマウスピースを自由に取り外すことができるため、ワイヤー矯正ほど継続的に歯や口の中に負担をかけません。一方でマウスピースを外している時間が長くなると、矯正の効果が期待できなくなります。また重度の歯並びの悪さには対応できないという欠点もあります。

セラミック矯正

セラミック矯正は昨今認知されてきた矯正方法です。こちらの方法は元の歯を削り、そのうえからセラミックなどの素材で作った人口の歯をかぶせて接着します。

時間をかけて元の歯の位置をずらしていく矯正方法ではないため、効果が出るのが早いところに大きな特徴があります。また美しく作られた人口の歯を使うため、見た目も非常に美しくなります。

一方で削ってしまうことで、歯の寿命自体は短くなるともいわれています。セラミックの歯というと人工的で不自然な歯になることを危惧するかもしれませんが、昨今は技術が進歩しており、一見するだけでは人口であると見分けのつかないものとなります。

3つの矯正方法を比較

このように歯の矯正方法には大きく分けて3つがあります。それでは、この3つの方法について、歯を綺麗にする効果を中心に特徴を表にまとめてみましょう。

矯正方法 歯を綺麗にする効果 費用 矯正期間 ワイヤー矯正 非常に高い 50万円~100万円程度 2年~3年 マウスピース矯正 普通 30万円~60万円程度 1年半~2年 セラミック矯正 非常に高い 10万円~20万円/1歯 1か月~2か月

歯を全体的に大きく矯正していくためにはワイヤー矯正がもっとも適切です。しかしワイヤーが見える点に抵抗がある場合は、マウスピース矯正も選択肢となるでしょう。ただし、マウスピース矯正の矯正効果は必ずしも高くないため、重度の歯並びの悪さには対応できない恐れがあります。

一方でセラミック矯正は1歯のみをピンポイントで矯正するような場合に適切です。ただしすべての歯を矯正する必要があるような重度の歯並びの悪さについて、元の歯をすべてセラミックにすることには一定のリスクがあるでしょう。

専門医と相談しながら、あなたに合った矯正方法を見つけて、本来のあなたの歯の美しさを取り戻してみてください。

まとめ

今回は「綺麗」という視点から歯並びについて解説してきました。綺麗な歯並びがどのようなものかイメージできたでしょうか?

記事内で何度も触れたとおり、日本人は先天的に歯並びが悪くなりやすい特徴をもっています。そのため、歯並びを矯正するのも自然な話なのです。

以下は今回の記事のポイントです。

  • 綺麗な歯並びには3つの条件がある
  • 日本人は欧米人と比べて、骨格的に歯並びが悪くなりやすい
  • 歯並びが悪くなる主な原因は、遺伝・食生活・クセ・口呼吸の4つ
  • 歯を矯正する効果が高いのはワイヤー矯正とセラミック矯正

綺麗な歯への憧れは心の中に秘めておくだけにしてはいけません。あなたが矯正という決意をするならば、長くとも3年程度で綺麗な歯を獲得することができるのです。

また1歯のみの矯正であれば、セラミック矯正を用いて1か月程度で実現することもできます。歯並びにコンプレックスを抱えている場合は、専門医と相談しつつ矯正という手段も一つの選択肢として考えてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です