4つの方法から選ぼう!出っ歯の矯正のために今すぐカウンセリングを受けよう

「出っ歯って矯正で治すことができるの?」
「歯列矯正で出っ歯を治す具体的な方法を知りたい!」

出っ歯は顔立ちや表情の印象を大きく左右します。また過剰な出っ歯の場合は口の中が乾燥しやすくなり、また虫歯や歯周病のリスクも高くなるのです。このような出っ歯については歯列矯正で治すことができます。

しかし歯列矯正といっても複数の種類があるため、出っ歯の矯正にどれを選ぶべきかわかりにくい側面があります。そこで今回の記事では、出っ歯の矯正方法について解説していきます。

あなたに合った矯正方法を用いることで出っ歯を治すことができ、コンプレックスの解消が期待できるはずです。自分で矯正しようとすると、歯並びやかみ合わせに悪影響が出る場合もあるので出っ歯矯正には歯科医院を利用していきましょう。

出っ歯は矯正で治る

はじめに、出っ歯は歯列矯正で治すことができます。歯列矯正というと歯並びを整えるイメージが強いですが、出っ歯のように歯の角度に問題がある症例にも対応できるのですね。以下の画像は矯正で出っ歯を治したものです。

before

after

このように矯正することで横顔もすっかり美しくすることができます。しかし矯正方法の選択に誤りがあると、出っ歯を矯正したもののかみ合わせに問題が出た…ということが起こるので注意してください。

出っ歯を直す矯正方法

それでは、ここからは出っ歯を矯正する方法について確認していきましょう。出っ歯を矯正する方法には以下の4つがあります。

  • ワイヤー矯正
  • 部分矯正
  • マウスピース矯正
  • セラミック矯正

あなたは、この4つの中から適した方法を選ぶ必要があるのです。最終的に歯科医と相談して決めることになりますが、それぞれの方法の大まかな特徴を知っておくことは有益です。以下で一つずつ確認してみましょう。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は歯の表面にプラケットという金属器具を装着して行う矯正です。「歯の矯正」と聞いたときに一番はじめに思い浮かぶ方法かもしれません。このようなワイヤー矯正には以下の特徴があります。

  • 対応できる出っ歯の幅が広い
  • 出っ歯とあわせて他の歯も矯正できる
  • 高い矯正効果が期待できる
  • 器具は自由に取り外せない
  • 金属器具を取り付けるため、口腔内を傷つける恐れがある

ワイヤー矯正は幅広い歯並びに対応することができ、器具を取り外す自由がないために高い矯正効果が期待できる方法です。またプラケットを歯の裏側に装着する裏側矯正もあります。

マウスピース矯正

ワイヤー矯正と対を成すようにして人気なのがマウスピース矯正です。プラスチック製の透明マウスピースを用いて矯正していく方法ですが、以下のような特徴を有しています。

  • ワイヤー矯正よりも対応できる歯並びが狭くなる
  • 出っ歯とあわせて他の歯も矯正できる
  • 矯正効果はマウスピース装着時間に比例する
  • マウスピースを取り外すことができる
  • プラスチック製のため口腔内を傷つける恐れが少ない

マウスピース矯正はワイヤー矯正ほど器具が目立ちませんが、自由に取り外すことができるため高い矯正効果を得るには1日の大半をマウスピースを装着した状態で過ごす必要があります。ついついマウスピースを外している時間が長くなると、それだけ矯正効果も低くなってしまうのですね。

部分矯正

ワイヤー矯正やマウスピースを一部にのみ施すものは「部分矯正」と呼ばれています。こちらは出っ歯のみを矯正するならば、安価かつ期間も短くて済むためおすすめです。以下は部分矯正の特徴です。

  • 出っ歯のみの矯正に向く
  • 歯並び全体のかみ合わせは矯正できない
  • 安価かつ短期間で終わるケースが多い

前歯以外にほとんど問題がない場合は部分矯正がおすすめです。しかし全体のかみ合わせにも問題があるような場合は、部分矯正で出っ歯のみを治しても無駄になるケースが多くなります。そのため部分矯正を利用できるか否かについては、歯科医とよく相談しましょう。

セラミック矯正

ワイヤー矯正とマウスピース矯正と性質を異にするものにセラミック矯正があります。こちらは時間をかけてすでにある天然歯の位置を変えるのではなく、天然歯を削って小さくしてその上から人口歯をかぶせる手法となります。セラミック矯正には以下のような特徴があります。

  • 出っ歯の角度によっては矯正できない
  • 短期間で矯正が終わる
  • 天然歯の寿命が短くなるリスクがある
  • 歯全体をセラミック矯正するのはリスクが高く、一部の歯だけを矯正するのには向いている
  • 軽めの出っ歯をピンポイントで矯正するケースに特に向く

天然歯を削って人工歯をかぶせるので、ときには1か月程度で矯正が完了する場合もあります。ワイヤー矯正やマウスピース矯正と比べると驚くほど短い期間でしょう。しかしすべての歯を削ることはリスクも高いため、歯全体ではなくピンポイントの矯正に向いています。

出っ歯を自力で矯正することは難しい

このように出っ歯の矯正方法には大きく分けて4つの方法があります。あなたが出っ歯を綺麗に整えたいと考えるならば、4つのうちのいずれかの方法を選ぶ必要があるでしょう。出っ歯は自力で矯正することはできません。

仮に無理に矯正したならば、歯の位置がずれてかみ合わせに悪影響が出る恐れがあるためです。また歯の破損のリスクも高くなります。歯列矯正と聞くと高額と考えるかもしれませんが、自力での無理な矯正で歯やかみ合わせに悪影響を出した場合の方が最終的に支払う費用は高くなるでしょう。

矯正にかかる期間と費用

4つの矯正方法を紹介したところで、ここでは4つの方法について費用と矯正期間を表にまとめました。

矯正方法 費用相場 矯正機関
ワイヤー矯正 50万円~100万円程度 2年~3年
マウスピース矯正 30万円~60万円程度 1年半~2年
部分矯正 10万円~60万円程度 3か月~1年
セラミック矯正 10万円~20万円/1歯 1か月~2か月

表の中であれば、歯1本をセラミック矯正で整える場合がもっとも安くなります。しかし出っ歯の多くは歯を3本以上矯正しなければならないため、セラミック矯正でも30万円から60万円ほどはかかってくるでしょう。その場合は部分矯正の方が安いケースも多いです。

歯列矯正をする際に費用面は大きな問題となります。そのため、あなたの無理のない範囲で矯正方法を選んでみてください。もちろんすぐ無理に矯正をせず、費用を貯めてから適切な方法を選択する必要もあります。

出っ歯の矯正を始める第一歩

具体的な矯正方法についてまとめたところで、ここからは今すぐ始めることができる出っ歯矯正の第一歩について解説していきます。矯正にはそれなりの期間が必要となりますが、それもすべては最初の一歩を踏み出してからなのです。あなたも出っ歯をなるべく早く矯正するために、今すぐできることを確認してみてください。

歯科医院でカウンセリングを受ける

出っ歯を矯正しようとしたとき、はじめに取り組むべきは歯科医院でのカウンセリングになります。カウンセリングでは、以下の2点を確認していくことになります。

  • 個々の出っ歯に合った矯正方法
  • 費用と矯正期間

ひとくちに出っ歯といっても、症状は人によって大きく異なります。そのため、人によって利用できる矯正方法が異なるのですね。また患者さんとしては出っ歯のみを問題としてとらえていても、実は全体のかみ合わせを治すべきケースもあります。

カウンセリングではこうした個々の歯の状態を細かく確認していく必要があるのです。そしてカウンセリングで矯正方法が決まると、自ずと費用や矯正期間も決まってきます。あとは、それを受けて、あなたが矯正に踏み切るか否かの判断をするのですね。このように歯科医院でカウンセリングを受けることは出っ歯を矯正する第一歩となります。

カウンセリングでは細かな疑問も遠慮なく聞こう

このようにカウンセリングは、あなたが用いるべき矯正方法を決めるための大切な機会となります。そのため、あなたの中にある細かな疑問点はすべてカウンセリング時に解消しておく必要があるでしょう。それこそ「痛みはありますか?」といった小さな疑問も歯科医にしっかりと確認してみてください。

出っ歯の矯正にはまとまった金額が必要となるケースが多いため、細かな疑問も解消した上で決断をしてほしいと思います。

出っ歯を矯正するメリット

記事の最後では、出っ歯を矯正するメリットを確認してみましょう。歯の矯正には長い期間とまとまった金額が必要になるため、決断できずに矯正への着手を先延ばしにしてしまうことが多くなります。しかし出っ歯が一つのコンプレックスになっているならば、なるべく早くに矯正に着手して、なるべく早く綺麗な歯並びの自分を手に入れるべきでしょう。

そのためにも出っ歯を矯正するメリットを改めて確認しておくことには意味があるはずです。出っ歯を矯正するメリットには以下のものがあります。

  • 外観が美しくなる
  • 人前で笑うのが恥ずかしくなくなる
  • かみ合わせが良くなる
  • 虫歯や歯周病のリスク予防(口を完全に閉じることができるようになるため)

このように審美的な側面にも健康的な側面にもメリットが存在するのですね。出っ歯があなたのコンプレックスになっている場合は、矯正を本格的に検討してみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回の記事では出っ歯の矯正に関する情報を解説しました。出っ歯は自分で矯正することはできませんが、歯科医院で矯正を受けることで改善できるのもまた事実です。そして、その際はあなたに合った矯正方法を選択する必要があります。

以下は今回の記事のポイントです。

・出っ歯を自分で矯正するのはリスクが高すぎて不可能
・出っ歯の矯正方法には4つの種類がある
・ワイヤー矯正はもっとも幅広い出っ歯に対応できる
・カウンセリングを受けて、あなたに合った方法を見つけよう

繰り返しになりますが、歯の状態は千差万別です。そのため、あなたの歯にもっとも適した矯正方法はカウンセリングを受けなければ確定することができません。カウンセリングを受けて矯正は断るという対応も全く問題ありませんので、あなたもまずは歯科医院で相談してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です