「歯列矯正をやらなきゃよかった……」と後悔する前に知っておくべきこと

「歯列矯正をしたいけれど、失敗したくない」と思っている方も多いかと思います。

歯列矯正を成功させるためには、歯列矯正の種類やそれぞれの費用、手順をしっかり把握して、自分に合った矯正方法を選ぶ必要があるのです。

そこでこの記事では、後悔する前に知っておくべきことをご紹介します。

歯列矯正を後悔しないために①ワイヤー矯正の場合

ワイヤー矯正とは、歯の表面にメタルやセラミックの四角い矯正器具を貼り付け、アーチ状のワイヤーを通して歯並びを治していく方法です。

ワイヤー矯正を後悔しないために①スケジュールを考慮する

ワイヤー矯正は平均期間が2~3年程度のものが一般的です。

月に1~2回通院してワイヤーを交換したり、口腔内に矯正器具装置を他(顎を広げる装置やゴムなど)にも取り付けて様子を見ながら慎重に調整していきます。

しかし、通院が不可能になり治療と治療の間隔があいてしまうと当たり前ですが時間がかかりすぎてしまいます。

また、当初予定していた2~3年の治療計画にもズレが生じてしまうため、矯正段階を遡ってやりなおす可能性も出てきてしまうのです。

通院が不可能になりそうであれば矯正する時期を見極め、適切なスケジュールを立てるようにしましょう。

ワイヤー矯正を後悔しないために②装置が目立つので注意

装置が目立ちすぎてしまい逆にコンプレックスになってしまう方も見えます。

綺麗になりたいのに、見た目が余計に気になり「失敗した……」と感じてしまうケースです。

接客業など人と話す機会が多かったりして、矯正中の見た目も気にしている人は、セラミックのワイヤー矯正かマウスピース矯正にしてください

ワイヤー矯正を後悔しないために③セルフケアを怠らない

矯正治療途中で、虫歯になると矯正装置を部分的に外して虫歯の治療を優先します。

虫歯の治療中は矯正ができなくなることもあるのです。

その結果、矯正に時間がかかりすぎて、予定していた時期に終了できずに失敗と思われることもあるでしょう。

また、神経を失った歯は動きが悪くなり綺麗に並ぶのに時間がかかることもあります。セルフケアを怠らないようにしましょう。

歯列矯正を後悔しないために②マウスピース矯正の場合

マウスピース矯正とは、オーダーメイドで作られた透明のマウスピースを食事・歯磨き以外は歯にはめて歯列矯正する方法です。

通院は少なく自分でマウスピースを取り換えていくことができます。

マウスピース矯正を後悔しないために①顎に痛みが出たらすぐ通院

歯並びを変えるため、噛み合わせも変化するので顎に負担がかかる場合もあります。 

顎関節症を引き起こさないためにも歯医者に通院しましょう。症状がひどい場合はもう一度型取りをして動かし方を変えていくこともできます。

マウスピース矯正を後悔しないために②装着時間を長くするように努力する

ワイヤー矯正とは違い、自分で装置を着脱できます。

そのため、自由な反面装着の義務もあるのです。装着していないと矯正力が加わらないので、ストレスがあります。

装着時間が長い程、次のステップのマウスピースに移ることができるので矯正期間が短くなる可能性もあります。

努力したら矯正が早く終わると思って頑張りましょう。

マウスピース矯正を後悔しないために③紛失しないように注意

マウスピースを食事や歯磨きの時に外さないといけないため、ティッシュなどに包んであやまって捨ててしまう人も多いようです。 

紛失しないためにもマウスピース専用のケースを持ち歩くようにしましょう。

万が一紛失した場合は、1ステップ前のマウスピースを装着することで後戻りを防ぐことができます。 

歯列矯正を後悔しないために③セラミック矯正の場合 

セラミック矯正とは、気になっている歯並び部分の歯を削り、セラミックの被せ物で形や角度を整えて治す方法です。

セラミック矯正を後悔しないために①メンテナンスを怠らない

セラミックの被せ物や表面だけの被せ物(ラミネートべニア)などで治した場合、メンテナンスを怠ると虫歯の原因になることがあります。

歯周病が進み歯と歯茎の境が目立ってくる、セラミックが割れていることに気が付かないことに起因するので、年間3~4回程度の定期健診を受けることをおすすめします。

セラミック矯正を後悔しないために②健全な歯を削るリスクを知る

歯並びが悪いだけで虫歯ではなくても、健全な歯を削ります。健全な歯を削りたくない場合は、他の矯正方法にするようにしましょう。

なるべく神経を残した状態で行いますが、大きく削らないと治せない場合は神経を取り、しみないようにする対策もできます。

高齢だと失敗しやすい?年齢が歯列矯正の結果に与える影響

年齢が上がると歯列矯正が失敗するリスクやそうならないための方法をご紹介します。

歯周病にならないために

加齢とともに歯茎の出血や歯を支えている骨が溶けてしまいやすくなり、歯周病リスクが高くなります。

矯正中に歯が動揺したり、痛みが出る可能性もあるのです。

歯周病リスクを下げる方法としては、生活習慣の見直しが有効です。十分な咀嚼、正しい歯磨き、歯の定期健診などをして歯周病菌を減らしましょう。

骨代謝にならないために

大人になると骨の再生能力や代謝が下がります。

歯を支えている骨の代謝が下がることで、歯の動きが悪くなるため矯正時間が長くなってしまうのです。

骨代謝が上がる運動はウォーキングやジョギングです。また、日光を浴びることでビタミンDも生成されるので骨が強くなります。禁煙することも重要です。

虫歯がある場合の対策

年齢と共に虫歯治療箇所が多いため、神経がない歯が多くなり歯の動きが悪くなり矯正に時間がかかることがあります。

矯正治療後にもう一度被せ物をやり直すことで、微調整が可能です。

「歯列矯正をやらなきゃよかった」と思わないための歯医者選び

歯列矯正をする際に重要なのは、歯医者選びです。何を重視して選べば良いのかをご紹介します。

きちんとしたカウンセリング

矯正治療をする前に、カウンセリング時間が設けられているかどうかをチェックしましょう。

こちらの意見と医院側の意見が合い初めて安心して納得した治療が受けられます。無料カウンセリングをしている医院もあるので問い合わせてみましょう。

歯列矯正の方法が選べる

歯列矯正の種類が1つしかない医院は避けましょう。

人によって歯並びは違うため、矯正方法の向き不向きがあるためです。

メリット・デメリットの説明がある

メリットの説明はもちろんのこと、デメリットを説明してくれる医院は信頼しても良いでしょう。

利益のためにメリットばかりを押し付けるような歯医者は避けてください。

矯正治療は誰が行うのか 

歯科医院の医院長・矯正専門医(月何度か)・矯正の認定医がいるかなどをチェックしましょう。

自由診療なので、基本的には認定がなくても矯正治療は行えますが、矯正の知識が豊富な認定医が常にいる医院は安心です。

値段や期間 

値段が安すぎないか、期間は絶対何年などの言い切りがないかをチェックしましょう。

値段の内訳に、診断料やワイヤー調整料金などが含まれていない場合もあります。総合的に見て判断してください。

コミュニケーションのしやすさ

最終判断はその医院が自分に合っているかどうかはコミュニケーションのしやすさでチェックするのも一つの手です。

どの医院も同じような条件の場合は、歯科医師や歯科衛生士が親身・親切・丁寧・スタッフ同時の雰囲気などで選ぶのも良いでしょう。

まとめ:「やらなきゃよかった」と歯列矯正で後悔しないために

歯列矯正することで人生が大きく変化するという方も存在します。

治療時期や治療する医院を見極めて後悔のないように綺麗な歯並びを手に入れられると良いですね。

歯列矯正を踏み出すことができないでいる方は一度無料カウンセリングに行かれることがおすすめします。

現在のお口や生活スタイルなどにより、よりよい矯正プランを提供してくれるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です