画像で確認!理想の歯並びに共通する3つの条件と、3つの矯正方法

「理想的な歯並びってどんなものなのだろう?」

「理想の歯並びを手に入れる方法を知りたい!」

歯並びは人それぞれですが、そもそも理想の歯並びの条件は存在するのでしょうか?それを知ることができると歯列矯正のゴールが見えてきますよね。

そこで今回の記事では、理想の歯並びを紹介していきます。実は理想の歯並びには条件が存在しているのです。

今回は歯並びの綺麗な芸能人を画像で紹介し、その上で理想の歯並びの3つの条件を解説します。 

さらに日本人は先天的に歯並びが悪くなりやすいため、それを補って理想の歯並びを手に入れる3つの矯正方法も解説していきますね。

この記事を読むことで、目指すべき美しい歯並びがわかるはずです。 

歯並びの綺麗な芸能人を画像でチェック

それでは早速、歯並びの綺麗な芸能人の画像を見てみましょう。ここでは3人を紹介しますが、いずれも非常に美しい歯並びです。

長澤まさみさん

はじめに紹介するのは長澤まさみさんです。現代を代表する若手女優ですが、このように歯並びは非常に美しいのです。

 https://ameblo.jp/kirapure/entry-12217454422.html

ショートカットに美しい歯並びが映えていますね。ちなみにですが、美しい笑顔のコツとしては上の前歯のみを6本から8本見せる形で口を開くとよいのですね。

画像の長澤まさみさんは、正面からみると綺麗に上の前歯が8本見える口の開きかたをしています。つまり笑顔も完璧です。

仲間由紀恵さん

続いて、仲間由紀恵さんの歯並びを画像でみてみましょう。

https://www.oricon.co.jp/news/59835/photo/2/

こちらも実に美しい歯並びとなっています。端正な顔立ちにしっかり馴染むのはやはり綺麗に揃った歯並びなのですね。

美人の代名詞ともいえる仲間由紀恵さんですが、歯並びにも抜かりはありません。

白石麻衣さん

 最後は昨今人気急上昇中の白石麻衣さんをみてみましょう。

https://pics.prcm.jp

このように美しい歯並びは人気芸能人ならば当然のことなのです。

白石麻衣さんのチャームポイントは口元のほくろですが、歯並びが悪いとそっちにばかり目がいってしまいほくろが注目されません。歯並びを良くすることは他のチャームポイントを引き立てることでもあるのです。

理想の歯並びの条件

3人の芸能人の綺麗な歯並びを紹介しましたが、いかがだったでしょうか?理想の歯並びの条件は浮かんできましたか?

ここでは綺麗な歯並びに共通する3つの条件を解説します。

「綺麗な歯並び」と漠然と考えていたものを分解することで、3つの共通要素が浮かび上がってくるのですね。つまり、それを獲得することであなたの歯並びも理想のものになります。

上下の前歯の中心が一本の線に重なっている

条件の1つ目は、「上下の前歯の中心が一本の線に重なっている」です。画像でみると以下のような状態となります。

https://kondoh-od.com/kyoiwarui.html

上下の前歯2本はこのように中心が一本の線で重なりますが、そこから外側の歯にいくにしたがってかみ合わせが交互になっていきます。

これも後述する理想の歯並びの条件の1つなのですが、前歯の中心線がぴったりと合うことで左右対称の歯並びになるのですね。

上下の前歯が、前後方向・上下方向に2~3mm重なっている

続いて2つ目の条件は「上下の前歯が、前後方向・上下方向に2~3mm重なっている」というものです。普段は意識しないポイントかもしれませんが、まずは画像で確認してみましょう。

https://kondoh-od.com/kyoiwarui.html

このように上下の前歯が前後方向および上下方向に2~3mm重なり合っているのが美しい歯並びの条件なのです。

横から見ると、上の前歯が2~3mm前に出ており、正面から見ると上の前歯が2~3mm下の前歯に重なっています。

歯並びを矯正する際は一本の歯を美しくするだけでなく、かみ合わせについても整える意識が必要になります。

経験の浅い矯正歯科の場合、かみ合わせが疎かになるケースもあるため注意してくださいね。

上下の歯が交互にかみ合っている

3つ目の条件は、「上下の歯が交互にかみ合っている」というものです。こちらは1つ目の条件でも軽く触れましたが、上下の前歯4本を除いて、そこから外側の歯が交互にかみ合うと美しい外観になります。

https://kondoh-od.com/kyoiwarui.html

歯並びが綺麗というと上下の歯がぴったり同じ位置で合致するイメージもありますが、実はこのように前歯以外の部分はギザギザを描くように交互にかみ合うのが美しい歯並びなのです。

あなたもまずは自身の歯並びを鏡で確認してみてください。そして、3つの条件を備えた理想の歯並びになった状態も想像してみてくださいね。 

日本人は歯並びが悪くなりやすい

ここまでで理想の歯並びの条件を紹介しましたが、あなたの歯並びに当てはまったでしょうか?

しかし当てはまらずとも過度に気にする必要はありません。なぜならば、日本人は先天的に歯並びが悪くなりやすいためです。

つまり歯並びが悪かったとしても、それをコンプレックスに感じる必要はなく、しっかりと矯正して治してしまえば良いのです。

ここでは日本人の歯並びが悪くなりやすい2つの原因を紹介します。

日本人の歯並びが悪くなる2つの先天的な原因

欧米人というと歯並びが綺麗なイメージがあるでしょうが、それはもちろん日本よりも矯正のハードルが低いためでもあります。

しかし、欧米人は先天的に日本人よりも歯並びが整いやすいのも事実なのです。日本人の頭蓋骨は先天的に以下の特徴を有するため、歯並びが崩れやすくなります。

  • 奥行きが浅い
  • 顎が小さい

歯はアーチ状に並ぶことで美しくなるのですが、日本人の頭蓋骨にある上記2つの特徴は、歯が正しい位置に生えることを邪魔してしまうのです。

奥行がないことから歯が綺麗なアーチを描いて並べなくなり、顎が小さいから歯と歯が左右に重なり合う可能性も高くなります。

このように日本人は骨格的に歯並びが悪くなりやすいのですね。そのため歯並びの悪さを過度に気にする必要はありません。

自分に合った方法で理想の歯並びを目指して矯正してしまえば、それで良いのです。 

理想の歯並びを手に入れる3つの矯正方法

それでは、ここからは理想の歯並びを手に入れるための矯正方法について簡単に紹介していきましょう。歯列矯正の方法は大きく分けて以下の3つになります。

  • ワイヤー矯正
  • マウスピース矯正
  • セラミック矯正

以下ではそれぞれについて簡単に特徴を述べます。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は歯の表面に金属製の器具を装着して行う、最も一般的な矯正方法です。

他の矯正方法に比べて、非常に悪い歯並びにも対応することができる点に特徴があります。一方で矯正器具が外から見えやすく、矯正完了までに2年~3年かかります。

マウスピース矯正

マウスピース矯正はワイヤーで行っていたものをプラスチック製の透明なマウスピースで行う手法となります。

ワイヤー矯正と比べると、矯正器具が透明であり見えにくい点に特徴があります。またマウスピースなので自由に取り外しも可能です。

一方でワイヤー矯正ほど様々な歯並びに対応できるわけではなく、マウスピースを外している時間が長いとそれだけ矯正にかかる時間も長くなる恐れがあります。

セラミック矯正

セラミック矯正は元の歯を小さく削り、その上から人工歯をかぶせて行うものです。元来は欠損した歯を補うために医療技術として発展してきましたが、昨今は審美歯科でも用いられる手法になりました。

ワイヤー矯正やマウスピース矯正が矯正完了に1年~2年かかるのに対し、元の歯をずらさないセラミック矯正は1か月~2か月で美しい歯並びを手に入れることができます。

一方で元の歯を削ってしまうため、元の歯の寿命が短くなる恐れも有しています。

短期間で美しい歯並びを手に入れられるセラミック矯正ですが、口腔内のすべての歯に利用するのはおすすめできません。あくまで3本程度をピンポイントで矯正する場合に用いる手法だと理解しておいてください。

3つの矯正方法を比較してみよう

それではここまで紹介した3つの矯正方法の値段と期間を表にまとめてみます。あなたに合ったものはどれか、確認してみてください。 

矯正方法

費用相場

矯正機関

ワイヤー矯正

50万円~100万円程度

2年~3年

マウスピース矯正

30万円~60万円程度

1年半~2年

セラミック矯正

10万円~20万円/1歯

1か月~2か月

一般的にマウスピース矯正はワイヤー矯正よりも費用がおさえられます。また1本のピンポイント矯正であれば、セラミック矯正が最も安くなるでしょう。

ただし費用と期間については、あなたの歯並びと歯科医院によって異なる部分があるので、カウンセリングを通して医師とよく相談してみてください。 

理想の歯並びを手に入れるメリット

ここまでの内容で、理想の歯並びを手に入れるための道筋がイメージできてきたでしょうか?

歯列矯正はまったく恥ずかしいことではないので、悪い歯並びに悩み続けるよりは思い切って矯正して悩みを解消してしまうことをおすすめします。

そこで記事の最後では、理想の歯並びを手に入れるメリットを紹介しましょう。「芸能人は歯が命」は一昔前に流行ったワードですが、現代は「一般人も歯が命」の時代なのです。

笑顔が美しくなる

記事の前半でも紹介したとおり理想の歯並びは、その人の笑顔を引き立たせます。つまり美しい歯並びを手に入れることで、笑顔もより美しくなるのです。

日本では八重歯がチャームポイントと言われることもありますが、八重歯があるとやはりどうしても口元だけに視線が集中してしまいます。

これを避けて、顔全体で笑顔を見せていくためには笑顔を邪魔しない理想の歯並びが必要となるのですね。

あなたも綺麗な歯並びを手に入れて、その上で笑顔の練習をしてみてください。上手くできるようになると、あなたの魅力が人に伝わりやすくなるはずです。

清潔感が生まれる

理想の歯並びは清潔感にもつながります。口元にごちゃごちゃした印象が生まれなくなるため、顔全体がさらりとした印象になるのですね。

これは顔立ちが薄い人であっても、濃い人であっても変わりません。美しい歯並びは、それだけであなたの印象をポジティブな方向へと変えるのです。

人間関係に積極的になれる

歯並びがコンプレックスとなって人間関係に消極的になってしまう場合があります。

人前で口を開くことができず、笑えなかったり、食事を共にしたくなかったり…こういった状態が長い間続くと、人はどんどん消極的な性格になっていくのです。

こうした悪循環は人間関係にも悪影響を及ぼしますよね。そのためにも矯正を利用して歯並びを整えることは大切です。 

まとめ

今回は理想の歯並びについて紹介しました。3つの条件に分解して理解することで、理想の歯並びがイメージできるようになったのではないでしょうか?

以下は今回の記事のポイントです。

  • 理想の歯並びには3つの条件がある
  • 日本人は先天的に歯並びが悪くなりやすい
  • 理想の歯並びを手に入れる矯正方法には3つのものがある
  • 理想の歯並びを手に入れることで笑顔に自信が持て、人間関係に積極的になれる

歯並びが人に与える印象には大きなものがあります。どんなに美しい顔立ちの人であっても、歯並びが悪いとそれがネガティブな要素となってしまうのですね。これは一般人であっても変わりません。

歯並びは歯列矯正を用いて後天的に整えやすいものなので、コンプレックスを抱えて悩み続けるよりは思い切って矯正してしまうことをおすすめします。

そして理想の歯並びを手に入れて、毎日を輝かせていきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です