笑顔に自信がない人必見!きれいな歯で笑顔になれる治療法は?

「笑う時に口元を隠してしまう…」

「自分の歯を気にして笑えない」

このような悩みはありませんか?

なぜ笑顔に自信がなくなってしまったのか……その原因となっている歯並びを治す治療法を見つけて、すてきな笑顔を取り戻す方法を解説します。

歯を出して笑えない程の歯並びの悪さの原因は?

 

あなたが歯を出して笑えない理由は何でしょう。歯並びが悪いといっても理由は様々です。

あなたの歯がなぜ、歯を出して笑えないほど歯並びが悪く見えるようになってしまったのか、まずは原因、理由を探りましょう。

歯のがたつき

歯と歯が重なり合い、がたついている歯並びは専門用語で「叢生(そうせい)」と呼ばれています。

叢生は歯の生えるスペースが不足することが原因です。

歯の大きさに対して、顎が小さい場合、顎に対して歯が大きいという場合、また生えてきた場所がずれていたということでも起こります。

叢生は歯並びが悪いというだけではありません。重なり合った部分の歯磨きが難しく虫歯になりやすく、また着色しやすい傾向があります。

前歯が出ている

いわゆる「出っ歯」と呼ばれる状態です。

叢生と同じく、歯の生えるスペースが不足したことで前に出てしまっている場合、上顎のほうが成長している、または下顎が小さすぎるというバランスでなることもあります。

下唇を噛む癖、指しゃぶりなどでも前歯が押し出されて出っ歯になるのです。

無意識のうちに舌で歯を押してしまっているという癖がある方もいるので、自分の習慣や癖を見直しましょう。

歯が大きい、もしくは小さい

歯の大きすぎたり、小さすぎたりして隙間があるのが気になるという方も多いようです。

歯の大きさに関しては遺伝が原因であることがほとんどです。

稀に歯が小さいという方の中には、虫歯によってかけて小さくなっている場合、被せ物のバランスが悪いという場合もあります。

前歯に虫歯がある

前歯に虫歯がある場合はとても目立ちます。

小さい虫歯でも治療を行わないと歯が黒く変色しますし、治療後も詰め物との色の差が目立つこともあるのです。

前歯に虫歯がある原因はほとんどが磨き残しとなります。一番磨きやすい部分であるため、他の歯にも虫歯がある可能性があるのです。

治療した歯が変色している

歯の根を治療している場合、歯の色が暗く変色していることがあります。

はじめは目立たなかったものも、数年たつと変色部分が目立って気になるようになってしまうこともあるのです。

前歯の場合は目立ってしまうので笑うのをためらってしまうかもしれません。

素敵な笑顔をつくる歯並びのポイント

素敵な笑顔にはいくつかの共通するポイントがあります。

歯並びや歯の大きさ

素敵な笑顔につながる、歯並びや歯の大きさに関するポイントは以下の通りです。

  • 前歯が上下で真ん中が揃っていること
  • 噛み合わせたときに、上の前歯が下の前歯の上に2~3mm重なる
  • 上の前歯は下の前歯よりも2~3mm出ている状態
  • 歯の大きさは左右対称

歯の形がシンメトリーであることや噛み合わせの状態が良いことで自然な笑顔が作られます。この部分の治療は矯正治療が必要です。 

歯の色

素敵な笑顔につながる、歯の色に関するポイントは以下の通りです。

  • 茶渋やヤニがないこと
  • 日本人の平均シェードA3.5より明るい色 

きれいに手入れされている歯は清潔感があり、第一印象も良くなります。

自分の歯の場合はクリーニングやホワイトニングで改善することが可能です。

詰め物や被せ物をしている場合はホワイトニングでは効果が出ないので、白く明るくさせたい場合は被せ物の作り直しや詰めなおしを行います。

歯茎の見え具合

素敵な笑顔をつくろうと思う時、笑った時に見える上の歯茎は3mm以内が適当です。

歯茎の見える部分が多い「ガミースマイル」にお悩みの方は、この歯茎の見え具合を基準にすると良いでしょう。

生まれつき歯茎の幅、唇のかぶさり方が原因です。こちらは治療法も少しイレギュラーで、セラミック矯正で改善できる場合もありますし、手術やボトックスといった治療もあります。

口の大きさ

海外では笑ったときに奥歯まで見える笑顔が素敵といわれています。

日本人とは骨格が違うので奥歯までは見えなくても見える歯が多いことはポイントとなります。

口元の筋肉のトレーニングや歯のバランスを改善で笑顔が作りやすくなるでしょう。

歯を出して笑えない歯並びを矯正する方法

 

歯を出して笑えずにお悩みの方は治療が必要です。どのような方法があるのか見ていきましょう。

セラミック矯正

セラミック矯正とは歯を削り、歯型取りをし、その後にセラミックの歯を被せるだけの治療方法です。

型取りからセラミックの歯が出来上がるまでの間も仮歯を被せるので治療したその日から見た目に変化があります。

個人差はありますが、1か月程度で治療を終えられるため芸能人やスポーツ選手でもこの治療を行っている人が多いのです。

マウスピース矯正

マウスピース矯正とは、透明な樹脂でできたマウスピースを定期的に交換していくことで歯並びを直していく矯正方法です。

見た目が目立たずに治療ができるためこちらも人気の治療法ですが、治せる歯並びに限りがあることやしっかりと自己管理を行わないと、どうしても後戻りのリスクは回避できません。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は昔からある矯正方法です。歯にブラケットを付けてそれにワイヤーやバネを通します。

ほとんどの歯並びはこの方法で矯正治療できるでしょう。

現在は目立たない白や透明のブラケットやワイヤーもあるので昔ほど目立つことはないでしょう。しかし治療中に痛みがある場合もあります。

また治療期間も長く、歯磨きがしにくいので虫歯のリスクなどは高まります。

まとめ:歯を出して笑えない歯並びを治すには?

歯並びを改善するための治療方法はいくつかありますが、一番早く、多くの悩みを解決できる方法はセラミック矯正です。

歯並びだけではなく、歯の色や形、歯茎とのバランスも改善可能で期間も短く済みます。

それぞれの治療法のメリットだけではなく、デメリットも考慮しながら自分の歯並びの悩みに合わせた治療方法を見つけましょう。

思う存分笑える毎日を目指してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です