自力で歯並びを良くする方法はあるの?矯正歯科に行かずに歯を整えるには

「歯並びは気になるけれど、矯正歯科へ行くほどなのか…?」

「矯正歯科に行かずにどうにかできないの?」

「自力で歯並びを良くしてみたい」

多くの方が、矯正治療は自費のためお金がかかり、期間も長くかかるためなんとかならないかと考えています。

そのように考えたことがある方も多いのではないでしょうか。歯並びを自力で良くする方法があるのか、について解説します。

歯並びを自力で良くする方法はある?

自力で歯並びを良くする方法として考えられているものをいくつか解説します。

生活習慣の改善で歯並びは良くなる?

軽度な歯並びの悪さであれば、口の周りの筋肉を鍛えたり、悪習癖を改善したりすることによって、多少歯並びを改善できることもあります。

悪習癖とは主に以下のようなものです。

  • 指しゃぶり
  • 口呼吸
  • 頬杖
  • 唇を噛む など

生活習慣の改善では歯並びを良くするというよりは、歯並びの悪化を予防するという意味合いが強いと言えます。根本的な治療にはならないことは知っておきましょう。

口腔周囲筋機能療法で歯並びは良くなる?

口腔周囲筋機能療法と呼ばれる方法で、アイスの棒や割り箸を噛む、または親指で上の前歯を押すことで、前歯部の反対咬合を正常なかみ合わせに治せることがあります。

民間療法のような形で聞いたことがあるかもしれません。矯正歯科の先生の中にもすすめる方もいます。

ただ、実際はこのような方法で歯並びが治ることは稀です。矯正歯科の先生はこの方法で治る見込みがある人(主に子供)にすすめることはありますが、成人にはあまり効果がありません。

自力で歯並びを良くするのは難しい

このように、確実に自力で歯並びを治す方法はありません。

そもそも、どのような原因で歯並びが悪いのかが分からないと、歯並びを改善することは困難です。

骨格と歯の大きさがまちまちであったり、上と下の顎の骨の大きさがまちまちであったりと歯並びが悪いことには様々な原因があります。

専門的な知識などがない状態で、自分で判断して前歯を押したりすることは、歯への大きな負担となるため避けてください。

歯並びが自然と良くなることはあるの?

歯並びを自力で治すことが難しいのならば、歯並びが自然と良くなることはないのでしょうか?

基本的に歯並びは自然には良くならない

一般的には、歯並びが自然と治ることはありません。

前歯のかみ合わせが反対になっている場合は、かみ合わせが自然と治ることはまずないので早めに矯正治療を行った方がいいでしょう。

大人の場合には、骨の成長や歯の萠出が終わっているので、歯並びが自然と治ることはありません。

口呼吸、頬杖、唇を噛むなどといった悪習癖を改善することで、歯並びの悪化を予防することはできる可能性があります。

子供の歯並びは自然に改善する場合もある

小学校低学年くらいの前歯が生え変わる時期には、歯並びがガタガタしたような状態に一時的になることがあります。

歯の間に隙間があったり、歯が重なっていたりしますが、これは奥歯が生え変わるにつれてきれいな前歯へと整っていくのです。

子供の場合にはそのような一時的な歯並びの悪さである可能性があり、成長とともにきれいな歯並びになることもあります。

しかし、その中でも成長とともに改善しないレベルのものもありますので、子供の歯並びが気になる場合には歯科医院で診察してもらった方が良いでしょう。

歯並びを良くする方法 

歯並びを良くするためには、矯正治療を受ける必要があります。ここでは矯正の方法について解説していきます。

主な矯正方法

  • ワイヤー矯正

一般的に良く知られている方法で、ブラケットという部品を歯に貼り付けてワイヤーの力で歯を動かす方法です。

  • セラミック矯正

歯を動かすのではなく、セラミックの被せものをすることによって、きれいな歯並びにする方法です。

  • マウスピース矯正

近年用いられるようになってきた比較的新しい方法で、食事のとき以外マウスピースを装着しておくことで歯を動かす方法です。

ワイヤー矯正のメリット・デメリット

ワイヤー矯正のメリットはどんな歯並びにも対応でき、患者さん自身が取り外すことはできないので矯正が滞ることはないことです。

ワイヤー矯正はそれなりの期間と費用がかかりますが、健康な歯を削ることなく歯並びを改善することができます。

一方でブラケットやワイヤーが目立ちやすかったり、痛みが出やすい点がデメリットとなります。

また、清掃がしにくいので、虫歯や歯周病になりやすいという短所もあるのです。

セラミック矯正のメリット・デメリット

セラミック矯正のメリットは、他の矯正方法に比べて矯正にかかる期間が短いことです。

セラミック矯正は、歯を動かすのではなく、今ある歯の位置のままで歯を削って被せものをする方法です。

歯が重なっていたり、歯が著しく悪い位置あったりすると、きれいな歯並びにすることが難しくなります。

反対に前歯だけ治したい、1本だけ治したいという場合には短期間・低価格で矯正することも可能です。

一方、セラミック矯正のデメリットは、歯を削ってセラミックの被せものをするので、健康な歯を傷つけてしまうことが挙げられます。

マウスピース矯正のメリット・デメリット

マウスピース矯正のメリットは、マウスピースが透明なので目立ちにくいことや、ワイヤーよりも痛みが出にくいことが挙げられます。

歯磨きのときにマウスピースを外すため清掃しやすい点もメリットです。

マウスピース単体で大きく歯を動かすことは難しいですが、必要があればワイヤー矯正と併用することできます。

一方でマウスピース矯正のデメリットは、保険適応とならない歯並びがあることです。保険適応となるのは軽度の歯並びの改善のみとなっています。

患者さんがマウスピースを装着しない場合には矯正が進まないという点もデメリットです。

まとめ:歯並びを良くしたいと思ったら矯正歯科へ

自力で歯並びを良くすることは難しく、自己流の方法は歯に負担をかけてしまいます。

悪習癖がある場合には、それをやめることで歯並びの悪化を防ぐことはできますが、歯並びを良くする根本的な方法ではありません。

年齢によって、その時点で矯正治療を開始した方がいいか、経過を観察しておくべきかが異なるのでまずは歯科医師に相談してみる必要があります。

子供さんの場合には、歯が生え変わる時期に矯正治療を行うことによって、スムーズに矯正治療が進むこともあるのです。

歯並びを良くしたい場合は、まず矯正歯科でどんなことが原因で歯並びが悪いのかを調べてもらいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です