歯医者恐怖症の原因を克服!虫歯だらけの歯を綺麗にするコツ

あなたは歯医者恐怖症という言葉を聞いたことがあるでしょうか?文字通り歯医者に対して常人よりも強い恐怖を感じる症状なのですが、これは子供特有ではありません。

大人になっても歯医者恐怖症が原因で歯医者に通うことができない人が一定数存在するのです。そして歯医者に通えないために口腔内の健康が害されています。

今回の記事では、虫歯だらけの人におすすめの治療法を紹介したうえで、歯医者恐怖症について原因から理解し、克服の道筋を見つけることを目的とします。

心にしみ込んだ恐怖はなかなか排除できるものではありませんが、原因を知ることで少なくとも対処の道筋は見えてくるはずです。

あなたも歯医者恐怖症を和らげて、定期的に歯医者に通って口腔内を綺麗に保ちましょう。

虫歯だらけの人に!麻酔を用いた治療のすすめ

歯医者恐怖症があると歯科治療を受けることができず、口の中が虫歯だらけになってしまいます。虫歯は治療したいけれど、どうしても歯医者が怖い…こうしたジレンマの中で苦しむのですね。

しかし歯医者恐怖症状であっても受けられる治療があります。昨今の歯科治療の技術は発達しているのです。

その答えの一つが「麻酔」です。麻酔は歯医者における治療と切っても切れないものではありますが、ここでいう麻酔を用いた治療とは以下の2つを指します。

  • 静脈麻酔法
  • 全身麻酔法

麻酔を用いることで意識のほとんどない状態で治療を受けられるため、歯医者恐怖症状の人の虫歯を一気に改善できるのです。

以下ではそれぞれについて解説します。

静脈麻酔法

静脈麻酔法は、腕の静脈から向精神薬や鎮痛薬を注入した状態で治療をするものです。薬の効果により意識が薄くなった状態で治療を受けられるため恐怖心や痛みの感覚が和らぐのです。

一方で全身麻酔のように完全に無視行の状態とはならないため、歯科医からの質問に応答することも可能です。

こうした静脈麻酔法による治療は嘔吐反射を有する人にも効果的です。全身の感覚と心の動きが鈍化するため過度な恐怖を抱かずに治療を受けることができるのです。

また全身麻酔よりも麻酔によるリスクが低くなる点にも特徴があります。

全身麻酔法

全身麻酔法はガス状の麻酔を吸い込んで、無意識の状態で治療を受けるものです。そのため気づいた頃には治療が終了しています。

無意識の状態なので恐怖も痛みもありません。歯医者恐怖症状があまりに強い場合などにも用いられる治療法です。

こうした麻酔を用いた治療を繰り返すことで、歯医者に対する過剰な恐怖は薄くなっていくはずです。

歯医者恐怖症の原因は精神的な部分にあるケースが多いので、現実の体験として痛みも恐怖もない治療を繰り返すことが改善につながるのです。

歯医者恐怖症状とは

はじめに歯医者恐怖症について解説していきます。冒頭でも述べたとおり歯医者恐怖症は、歯医者に対して常人以上の恐怖を感じる症状です。

誰しも歯医者で使われるドリルのキーンという高い音を想像すると嫌な気持ちになりますが、恐怖症の人は常人よりも強い拒否反応を示します。

そのため虫歯や歯周病になっても歯医者に行くことができないのです。その結果、初期段階で治療を開始することができず、口腔内がどんどん不健康になっていきます。

虫歯は原則として自然には治りません。歯医者恐怖症を改善することこそ虫歯治療には必要なのです。

歯医者恐怖症は大人でも有する

こうした歯医者恐怖症は子供特有ではありません。30歳以上の大人であっても恐怖症を克服することができずに、歯の治療を受けられない人がいるのです。

また歯医者恐怖症が長く続くと、どんどん頭の中で歯医者をより怖いものと認識するケースもあります。

つまり現実に感じるであろう恐怖よりも強い恐怖を自分自身で作り出してしまっているのです。

こうした歯医者恐怖症状はどういったところに原因があるのでしょうか。恐怖症を和らげるためには、まずは原因からアプローチしていきましょう。

歯医者恐怖症2つの原因

それでは歯医者恐怖症の原因について確認していきます。歯医者恐怖症の原因は大きく以下の2つに分類されます。

  • 幼少期の痛みの記憶
  • 恥ずかしさ

この中で「恥ずかしさ」は意外かもしれません。しかし大人になってから歯医者恐怖症になる人の中には、恥ずかしさを原因とするケースがあるのです。

それでは、歯医者恐怖症の2つの原因について詳しくみていきましょう。

幼少期の痛みの記憶から歯医者恐怖症になるケース

まずは幼少期の痛みの記憶から歯医者恐怖症になるケースについて説明していきます。

これが歯医者恐怖症の原因としては最も多いものとなります。あなたも小さい頃に通った歯医者には良いイメージがないのではないでしょうか?

うす暗い待合室に、無機質な治療室…そして歯を削るドリルのキーンという高い音…。イメージだけでもネガティブであるのに、そのうえで実際の治療で痛みを感じた経験があるならば、歯医者恐怖症になるのもうなづけるというものです。

歯医者恐怖症の人がよく挙げる嫌な思い出には以下のようなものがあります。

  • 歯を削るドリルの音
  • 歯茎に麻酔を打つ際の痛み
  • 麻酔が切れた後の歯の痛み
  • 治療の際の出血
  • 治療の際に押さえつけられた経験
  • 親に無理矢理歯医者に連れていかれた経験

こうした経験が複数組み合わさることで歯医者恐怖症が生まれるわけです。あなたも一つ二つは経験したことがあるでしょう。そして、それは嫌な記憶として頭の中に残っているはずです。

そもそも虫歯が強い痛みを伴うものですが、それを治療する際にさらに強い痛みを伴う…という点が歯医者恐怖症の大きな原因になっています。

ただし後述しますが、昨今は歯医者における治療技術も発達しています。そのため幼少期のような痛みを感じずに治療を受ける選択肢も増えているのです。

歯医者恐怖症の人の中には意を決していざ歯医者で治療を受けたところ、痛みがまったくなく恐怖症状が随分と和らいだという人もいます。

昨今の技術発達は、痛みに関連する恐怖症状を取り除く役に立つ可能性を秘めているのです。

恥ずかしさから歯医者恐怖症になるケース

痛みとは別の原因で歯医者恐怖症状になるケースが、恥ずかしさに由来するものです。これは大人になってから発症する歯医者恐怖症の原因としてよく挙げられます。

つまり、歯の状態について歯科医から心ない言葉を投げかけられ、その際の羞恥心が原因となって歯医者に過度の恐怖を抱くようになるのです。

こうしたケースでは、歯科医の質の悪さが恐怖症に大きくかかわっているといって過言ではありません。

そもそも歯医者は歯の状態が悪い人が治療のために訪れる場所なので、そこで患者の気持ちを慮ることのできない言葉を投げかける歯医者に間違いがあります。

こうしたことが原因となってすべての歯医者に悪いイメージがついてしまうのは非常に悲しいことです。

昨今は歯医者といえども顧客満足度を第一に考えた運営が必要になってきています。そのため心ない歯医者は今後減っていくはずです。

嫌な思い出のある歯医者は二度と行かないとして、別の歯医者を探すことで適切な治療を気持ちよく受けられるでしょう。

歯医者恐怖症の人のための歯医者選びのポイント

このように歯医者恐怖症は根深いところに原因がありますが、多くは精神的なものです。

そのため患者のことを第一に考えた治療を一度受けてみると、歯医者恐怖症が随分と和らぐはずです。

ここでは歯医者恐怖症の人が適切な歯医者で治療を受けるために注意すべきポイントを紹介します。

評判の良い歯医者で相談する

はじめに注意すべきポイントは、そもそも評判の良い歯医者を見つけるということです。

昨今は一つの駅前に複数の歯医者があるなど、患者の選択肢は広がっています。その中でも評判の良いところを探すところから始めるべきです。

評判を判断する際には以下のものが参考になります。

  • インターネットの中の口コミと評価
  • 実際に利用した知人の声
  • カウンセリングの丁寧さ

歯医者を訪れる前は第三者の口コミや評価を参考にせざるを得ません。

インターネットの中には信頼できるものと信頼できないものが混在しているので、全ての口コミと評価を盲目的に信用するのは避けましょう。

そのうえで評判の良い歯医者にあたりをつけて、実際に訪れてみます。しかしはじめはカウンセリングだけで済ませるようにしましょう。

そしてカウンセリングで歯医者恐怖症について相談するのです。そこで具体的かつ適切な治療方法を提案してくれるならば、その歯医者は期待できます。

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は歯医者恐怖症について解説しました。

歯医者恐怖症の人は歯医者に通うことができないため、虫歯や歯周病がどんどん進行するリスクを抱えています。

そして最終的には歯の神経まで虫歯に侵され、抜歯しなければならなくなるのです。

こうした歯医者恐怖症は幼少期の痛みの記憶や恥ずかしさに由来するケースが多くなります。つまり精神的な拒否反応が恐怖症につながっているのですね。

しかし昨今は歯医者の治療義技術も進歩しています。特に麻酔を用いた治療は、痛みや恐怖心がほとんどない状態で受けられるため、ぜひとも歯科医に相談してみてください。

こうした相談に親身に耳を傾けてくれて、適切な治療を提案してくれる歯医者を見つけることができれば歯医者恐怖心も徐々に改善されていくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です