5つの事例で確認!セラミック矯正で後悔しないポイントと歯科医院選び

 

「セラミック矯正で後悔することってあるのかな?」

「セラミック矯正の後悔を防ぐポイントを知りたい!」

セラミック矯正は短期間で美しい歯並びを手に入れられる方法ですが、どのような場合にも適した万能の矯正方法というわけではありません。元の歯を小さく削る必要があるなど、あらかじめ知っておくべき特徴があるのです。

そこで今回はセラミック矯正を「後悔」の面から解説します。実際にどのような後悔をするケースがあるのかを確認し、セラミック矯正を選択するか否かの判断に活かしていきましょう。

また記事の中盤では後悔を防ぐポイントを紹介します。さらにセラミック矯正が成功するか否かは歯科医院の技術による部分も大きいため、あなたに合った矯正を実現できる歯科医院の選択も重要です。この記事を読み、あなたもリスクを最小限にした上で美しい歯並びを手に入れてください。

セラミック矯正で後悔した5つの事例

それではセラミック矯正で後悔した5つの事例から解説していきます。このように後悔した事例をはじめに述べると「セラミック矯正って危険な方法なの?」という疑いを持つかもしれませんが、決してそのようなことはありません。

医療行為である以上、一定のリスクの存在は避けられませんが、要はリスクをいかにして低くしていくかが重要なのです。以下の5つの事例については、どこに失敗の原因があったかを確認してみてください。

歯の寿命が短くなった後悔

セラミック矯正を行って後悔するケースに、天然歯の寿命が短くなるというものがあります。そもそもセラミック矯正は天然歯を小さく削り、その上から人工歯を装着する手法です。そして表面を大きく削られた天然歯は、歯としての寿命が短くなってしまうのですね。

もちろんセラミック矯正を行って以降、咀嚼に使うのは人工歯になりますが、天然歯を失うことについて心理的な抵抗を持つ人は少なくありません。

また場合によっては歯を削るだけではなく、歯の神経を抜いたり抜歯をしたりする場合もあります。これらの場合も天然歯の寿命は短くなるので注意が必要です。

後悔の原因

この事例における後悔の原因は、以下の3つの行為が天然歯の寿命を短くすると事前に理解していなかった点にあります。

  • 歯の表面を削る
  • 歯の神経を抜く
  • 抜歯する

特に歯の表面を削る点についてはセラミック矯正を行うのであれば避けられません。そこには一定のリスクが存在するとあらかじめ理解して矯正に臨みましょう。

歯並びとセラミック矯正が合っていなかった後悔

次に紹介する後悔の事例は、セラミック矯正の限界に関するものです。セラミック矯正は元の天然歯の上から人工歯をかぶせるため、あまりにひどい歯並びを矯正する力は持たないのです。いくら元の歯を小さく削っても、元の歯の角度を変えることができないのですね。

また同様に、骨格や顎の形状による歯並びの悪さも改善できません。こうした場合に短期間で美しく仕上がるからとセラミック矯正を選んでしまうと、結果として歯並びは改善されず歪な角度で人工歯が装着されます。

ただし、通常の出っ歯や八重歯程度であればセラミック矯正も利用できるので、歯科医院で医師とよく相談してみてください。

後悔の原因

この事例における後悔の原因は、医師の技術不足によるところが大きくなります。素人のあなたが自分の歯並びにセラミック矯正が使えるか否かを的確に判断するのは難しいためです。そういった中で実績および技術に乏しい歯科医院を選んでしまうと、無理にセラミック矯正を行うことがあり後悔が生まれるのです。

記事の最後で紹介する歯科医院の選び方を参考に後悔しない歯科医院を選んでください。

かみ合わせが改善されなかった後悔

セラミック矯正を行って美しい歯を手に入れることができても、かみ合わせに問題が出る場合があります。それが3つ目の後悔の事例です。繰り返し述べている通り、セラミック矯正は元の歯の上に人口歯をかぶせるため、角度の調整を誤るとかみ合わせが上手くいかない状態になるのです。

一般的に歯並びの悪い人はかみ合わせに問題を抱えている場合が多くため、セラミック矯正には歯並びを美しくしながらかみ合わせを改善することが求められます。つまり審美性とかみ合わせの双方をケアできる歯科医院を選ばなければならないのです。

後悔の原因

この事例における後悔の原因は、やはり実績や技術に劣る歯科医院を選んでしまったことです。審美歯科のジャンルに対するニーズは、昨今になって大きく拡大しました。そのため、これまでは審美歯科における治療を行ってこなかった歯科医院が急に矯正治療を開始する場合があります。

そうした歯科医院の中には矯正について未熟なものもあり、それがかみ合わせについての後悔に繋がっています。あなたが歯科医院を選ぶ場合は、美しさだけでなく、きちんとかみ合わせについても事前に説明してくれるところを選択しましょう。

人口歯の材質が合っていなかった後悔

セラミック矯正に使われる人工歯の材質には様々なものがあります。そして材質ごとに違った特徴を持つため、あなたに合った材質の人工歯を選べないのも後悔につながるのです。

特にオールセラミックは仕上がりが美しい反面、欠けやすいという特徴を持っているため、噛む力が強かったり歯ぎしりのクセを持っていたりする人には向きません。また材質の一部に金属を使ったものは当然ながら金属アレルギーの人には向きません。

セラミック矯正では仕上がりの美しさだけでなく、あなたに合った材質の人工歯を選ぶように注意してください。

後悔の原因

後悔の原因は以下の2つにあります。

  • カウンセリング時に、クセや金属アレルギーの有無などを正確に伝えなかった
  • 歯科医院で選ぶことのできる人工歯の種類が少なかった

歯科医院を選ぶ際は、カウンセリング時にあなたの特徴をしっかりと伝える必要があります。また場合によっては、複数の歯科医院で並行してカウンセリングを受けて、その中から最も信頼できるところを選んでも構いません。

人口歯の色を白くし過ぎた後悔

最後に紹介する後悔の事例は、歯の色を白くし過ぎたというものです。白い歯に憧れてセラミック矯正をする人は多いですが、白すぎる歯は日本人の肌の色に合わず不自然になる恐れがあります。

もともと日本人は欧米人に比べて歯のエナメル質が薄いことから、象牙質の黄色がかった色合いが透けやすく、歯も黄色がかったものとなります。そして当然ながら日本人の肌の色は自然に黄色がかっています。このような中で歯だけがあまりに白いと、歯が浮き上がって見えるのですね。

そのためセラミック矯正の際は白さだけを求めず、あなたの肌に合った色をよく検討する必要があります。

後悔の原因

この後悔の原因は、盲目的に白さのみを求めてしまう点にあります。セラミック矯正をする際は、事前に人工歯の色味を決める工程があります。そこで盲目的に白さを追い求めず、あなたの肌に合う色味をじっくりと探してみてください。

セラミック矯正の後悔を防ぐためのポイント

後悔の事例について確認したところで、ここからは後悔を防ぐポイントをみていきましょう。先ほど5つの事例について確認した後悔の原因とリンクする部分もあるので、確認の意味も込めて読んでみてください。

他の矯正方法も十分に検討する

ここまで紹介してきたように歯やかみ合わせの状態は人によって千差万別です。そして全ての場合にセラミック矯正が最も高い効果を発揮するわけではありません。そのためワイヤー矯正やマウスピース矯正も含めて、幅広い方法からあなたに合ったものを選択する必要があります。

信頼できる歯科医院を見つけたら、そもそもの矯正方法から相談してみましょう。セラミック矯正の効果の早さにとらわれてしまわないことが、長期的にみてあなたの歯並びを美しくすることにつながります。

歯を削る量と神経を抜くか否かを事前に十分に理解する

先ほども述べた通りセラミック矯正では歯の表面を削る必要があり、また場合によっては神経も抜きます。そのため決断の際は天然歯の寿命が短くなるというリスクを十分に理解しておく必要があるでしょう。

天然歯の寿命が短くなるリスクについては、ブラッシング・歯科検診・クリーニングをしっかりと行うことで低くできます。このようにリスクの存在自体は変えられないとしても、リスクを低くする取組みが必要です。

あなたの体質と肌の色に合わせて人口歯の材質を選ぶ

先ほども人工歯の色味について述べましたが、「自分の肌の色に合ったものを選ぶ」ことを心がけてください。真っ白な歯に憧れる気持ちはわかりますが、不自然な白さがかえって美しさを損なってしまっては元も子もないためです。

実績のある歯科医院を選ぶ

セラミック矯正を行う際、歯科医院選びは非常に重要です。技術のない歯科医院で施術を受けるとかみ合わせに問題が残るのみならず、健康についてのリスクを抱える恐れすらあるためです。

記事の最後で歯科医院選びのコツについて詳しく解説するので、そちらもしっかりと読んでみてください。

定期検診とクリーニングで虫歯・歯周病を予防

セラミック矯正の施術自体は1か月~2か月で完了しますが、そこから先も歯および口腔内のケアは継続しなければなりません。毎日のブラッシングは当然としても、それに加えて歯科医院で定期的に歯科検診およびクリーニングを受ける必要があるのです。

これが人工歯の寿命を延ばすことにつながります。特に日々にブラッシングで落とせない歯垢・歯石を除去するクリーニングは重要で、可能ならば3か月に1回は施術を受けるべきでしょう。こうして虫歯と歯周病を予防していくことで、いつまでも美しい歯並びをキープできます。

セラミック矯正はもともと欠損した歯を補うもの

ここまでの解説でセラミック矯正を行って後悔する場合と、それを避けるポイントがイメージできたでしょうか?セラミック矯正といえども万能の方法ではないのですね。

そもそもセラミック矯正は、はじめは欠損した歯を補う技術として発達しました。それが昨今になって審美歯科のジャンルでも使われるようになったのです。ただしセラミック矯正はワイヤー矯正およびマウスピース矯正とは大きな違いがあります。

セラミック矯正は元の歯を削りますが、ワイヤー矯正およびマウスピース矯正は元の歯の位置を少しずつ動かして歯並びを綺麗にするものです。こうした違いがあり、削ることで歯の寿命が短くなる恐れもあることから全ての歯を人工歯にするのはリスクが高くなります。

そのため歯並び全体がガタガタな場合は、まずはワイヤー矯正やマウスピース矯正を検討すべきでしょう。セラミック矯正は1~3本程度の歯をピンポイントで矯正するケースに向きます。

セラミック矯正で後悔しないための歯科医院選び

それでは最後にセラミック矯正で後悔しないための歯科医院の選び方のコツを紹介します。セラミック矯正を正しく行うためには高い技術が必要になり、歯科医院選びを疎かにすると危険です。以下の3つのコツから、あなたに合った信頼できる歯科医院を見つけましょう。

認定医と専門医を取得している歯科医院を選ぶ

矯正歯科の分野では、日本矯正歯科学会による「認定医」「指導医」「専門医」の認定が行われています。それぞれの特徴は以下の通りです。

名称

特徴

人数(全国)

認定医

1990年に創設された制度で、矯正歯科医療の技術の向上を目的としている。学会が認めた大学病院や矯正歯科医院にて5年以上の臨床経験を有し、学会発表などで審査に合格した者に与えられる。

約3,000人

指導医

認定医を目指す研修医を指導するための資格。大学の矯正歯科で3年以上の教育指導歴が求められる。

約600人

専門医

2006年に創設された制度で、矯正歯科の技術をより高く発展させ、かつ研修医の指導を高いレベルで行うための資格。認定医の中から、試問審査に合格し、かつ学術大会で症例報告をした者に与えられる。

約300人

このように認定医・指導医・専門医として認められた医師は高い技術を有しています。そのため、これらの医師が在籍する歯科医院を選ぶのがおすすめです。しかし、やはりあなたのとの相性もあるため資格だけにとらわれず、資格を一つの参考にした上でカウンセリングを受けて考えるべきでしょう。

実績を聞く

カウンセリング時に、歯科医院の実績をストレートに聞くのもおすすめです。「面と向かって聞くと失礼にあたるのでは…」と遠慮してリスクを抱えてしまっては元も子もありません。実績については歯科医院のホームページで公開されている場合もありますが、それがない場合は直接聞いてしまいましょう。

歯科医院として300~500程度の症例に携わった経験があると安心です。

アフターケアについて聞く

カウンセリング時は実績のみならず、以下の3つも尋ねてみてください。

  • 実際に行う矯正の方法と流れ
  • どのようなリスクが存在するか
  • リスクに対応するアフターケアの方法

ここまで聞くことができるとセラミック矯正の後悔を避けられる可能性が高くなり、また丁寧に答えてくれる医師は信頼できると判断して問題ないはずです。医師と患者という立場から萎縮してしまう気持ちもわかりますが、それでは後悔する可能性が高くなるだけなので、あなたから積極的に働きかけていきましょう。

まとめ

今回はセラミック矯正において後悔した事例について解説しました。セラミック矯正は短期間で美しい歯並びを手に入れられる方法ですが、リスクは必ず存在します。そのため、リスクにどのようにして対応していくかが重要なのですね。

以下は記事のまとめです。

  • セラミック矯正では天然歯を削るため、歯の寿命が短くなる恐れがあることを理解しておこう
  • 歯の美しさだけでなく、かみ合わせと肌色に合った自然な白さを確認しよう
  • セラミック矯正だけにとらわれず、ワイヤー矯正やマウスピース矯正も検討すべき
  • 認定医、指導医、専門医のいる歯科医院がおすすめ
  • カウンセリングでは実績、方法と流れ、リスク、アフターケアを確認しよう

このようにしてあなたからリスクを避けるために積極的に行動することが重要です。セラミック矯正で白く美しい歯並びを手に入れて、それを維持するためにも歯科医院選びから細心の注意をもって始めてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です