「安い!」だけで選ぶと危険!あなたに合ったセラミック矯正を見つけるポイント

「セラミック矯正を安く受けることができる歯科医院を見つけたい!」

「セラミック矯正って、他の矯正方法よりも安いの?」 

昨今、歯列矯正の方法として注目を浴びるセラミック矯正ですが、値段は実際に安いのでしょうか?それとも、他の矯正方法とそこまで変わらないのでしょうか?

今回の記事では、安いセラミック矯正について、

  • 価格相場
  • 安いセラミック矯正を見つけるポイント
  • 歯科医院選びのポイント
  • 安さとリスクの関係

を解説していきます。セラミック矯正を上手く使うことができると、他の矯正方法よりも安く済むケースがあります。

しかし、過度に安いセラミック矯正は口腔内の状態を悪くする恐れがあるのも事実なのです。

この記事を読み、あなたに合ったセラミック矯正を見抜けるようになりましょう。

セラミック治療の価格相場

はじめにセラミック矯正の価格相場を確認してみましょう。以下のとおり、セラミック矯正は使用する材質により値段に幅が生まれます。

人工歯の材質

特徴

費用

オールセラミック

すべてがセラミックで作られるもの

90,000円~150,000円/1本

メタルセラミック

表面がセラミックで、内部が金属

80,000円~140,000円/1本

ハイブリッドセラミック

セラミックに樹脂を混ぜたもの

50,000円~120,000円/1本

ジルコニアセラミック

表面がセラミック、内部がジルコニア

80,000円~150,000円/1本

これから安いセラミック矯正を知っていくためには、上記の表を一つの基準として覚えておいてください。

価格は歯科医院によって変わる

先ほどセラミック矯正の値段の大まかなところを示しましたが、具体的な値段は以下の要素により上下します。

  • 製造原価
  • 立地
  • 経費
  • 経営戦略

それこそセラミックの原価が上昇したら、それだけ矯正の値段も高くなります。ま

た地方の郊外にある歯科医院と都内中心部にある歯科医院では、土地代に大きな差が生まれるため、こうしたものも価格の差につながるケースがあります。

さらに歯科医院を経営するオーナーが薄利多売を戦略とするか、一部の富裕層に限定したサービスを提供するかといった経営戦略によっても価格は変わります。

つまりセラミック矯正については、「価格が安い=技術がない、粗悪である」というわけではないのです。

安いセラミック矯正を見つけるポイント 

セラミック矯正の値段がどのようにして決まるかわかったところで、安いセラミック矯正を見つける方法について解説していきます。

安いセラミック矯正が必ずしも質の悪いものでないならば、やはり矯正にかかる費用は安く済ませたいものですよね。 

セラミック矯正をなるべく安く受けるためには、相見積もりをとることがおすすめです。

相見積もりとは、複数の歯科医院でカウンセリングを受けて、その中からもっとも安い費用を提示した場所を選ぶ行為になります。

複数の歯科医院でカウンセリングを受けなければならないため手間こそかかりますが、最終的に提示された価格を比べることができるので、安いところを選べるのですね。

また複数の歯科医院で実際にカウンセリングを受けることで、あなたの話を丁寧に聞いてくれる歯科医を選ぶことにもつながります。

アフターフォローまで想定して安いところを見つけよう

相見積もりをとる際に注意してほしいのが、価格のみならずアフターフォローもしっかりと行っているかというポイントです。

セラミック矯正は一度の施術ですべてが終わるものではないため、継続的に歯科医院に通うことを前提にしてあなたに合ったところを選ぶべきなのです。

つまりアフターフォローが完全に別料金になっていると、結果として高いお金を支払わなければならないケースにつながる恐れがあるというわけです。

アフターフォローについて詳しく知るためにはカウンセリング時に歯科医に質問する必要があります。そこで以下の2点をしっかりと把握しましょう。

  • あなたの歯の場合どのようなアフターフォローが必要になるのか
  • アフターフォローの料金

ここまで徹底することで、あなたの歯に合った歯科医院を安く見つけることができます。 

安さと併せて歯科医院選びに利用してほしいポイント

 ここまでの内容でセラミック矯正にかかる費用を安く済ませるポイントが理解できたはずです。

相見積もりを利用するのは大前提として、表面的な価格のみで判断せず、アフターフォローまで含めた料金を比較するのが大切なのですね。

ここからは価格とは別のポイントとして、歯科医院選びに利用してほしい点を紹介します。

セラミック矯正は医療技術の一環であり、あなたの体に与える影響は非常に大きいです。そのため、価格だけでなく、以下のポイントをふまえて歯科医院を選ぶことができるとリスク回避につながるのですね。 

  • 素材があなたに合っているか
  • 歯全体を矯正する必要があるか否か

以下では、それぞれについて詳しくみていきましょう。

素材があなたの歯や生活に合っているか

セラミック矯正に利用する素材については、以下の2点に注意して選ぶ必要があります。

  • 金属アレルギーの場合は金属を利用していない素材にする
  • 歯ぎしりがひどい場合は割れにくい強度の高い素材にする

いずれもカウンセリングの際に歯科医から質問があるケースがほとんどですが、仮になかった場合はあなたから申告すべきでしょう。

セラミック矯正では、元の歯を削ってしまうため各種の素材で作られた人工歯があなたの歯になります。素材選びで妥協するリスクは高いため、カウンセリングで歯科医とじっくりと話しあってください。

歯全体を矯正すべき場合は他の方法を使う

  • セラミック矯正で歯全体を矯正すると結果として費用が高くなる恐れがある
  • それならばワイヤー矯正やマウスピース矯正を検討すべき

素材選びとあわせて大切になるのが、歯全体を矯正する必要があるかどうかという点です。

セラミック矯正は1~3本の歯を矯正する場合には安くなりますが、歯全体を矯正する必要がある場合は他の矯正方法を利用した方が安くなり、またリスクも低くなるのです。

先ほども触れましたが、セラミック矯正では元の歯を削ってしまいます。そして、歯を削ると天然歯の寿命は短くなります。そのため歯全体にセラミック矯正を施すのはリスクが高いのですね。

そうした場合は、以下の他の矯正方法も検討してみてください。

  • ワイヤー矯正
  • マウスピース矯正

いずれもセラミック矯正とは異なり、天然歯の位置を変える矯正方法となります。そして歯全体に矯正を施す場合は、セラミック矯正よりも安価になるケースが多いです。

このあたりもカウンセリング時に歯科医とじっくりと相談してみましょう。 

過度に安いセラミック矯正に潜むリスク

 ここまでセラミック矯正について、価格を中心にすえつつも他の注意すべきポイントを挙げて、選び方を紹介してきました。記事の最後では、過度に安いセラミック矯正に潜むリスクを解説します。

セラミック矯正の値段は前述した様々な要素により変化するので、ついつい「より安いものを…」と考えてしまいます。

しかし、過度に安いセラミック矯正には大きなリスクが潜んでいるのです。手抜きの施術をされると、結局歯並びが綺麗にならず、改めて矯正を考えなければならなくなってしまいます。

以下では、過度に安いセラミック矯正に潜む4つのリスクを解説するので、しっかりと読んでみてください。 

歯の色が不自然になる恐れ

1つ目のリスクは、歯の色が不自然になるものです。セラミック矯正は様々な素材を利用して人工歯を作りますが、その際に歯の色を選ぶことができます。

通常であれば、歯科医のカウンセリングによって、あなたの元の歯に近しい色の人工歯を作ります。

しかし過度に安いセラミック矯正の場合は歯科医の時間を節約する目的で、カウンセリングがおざなりになる恐れがあるのです。

そして、セラミック矯正を受けようとする人物はついつい白い歯を選んでしまいます。その結果、完成した人工歯が周囲の天然歯から浮く色になってしまうのですね。 

日本人はそもそも欧米人に比べて歯の色が黄色いため、あまりに白い歯をはめ込んでしまうと、かえって不自然になります。

カウンセリング時に歯の色についてしっかりと説明してくれない歯科医院には注意するべきでしょう。

かみ合わせへの悪影響

歯の矯正を求める人はかみ合わせにも問題を抱えているケースが多いです。そのため矯正は、歯1本を綺麗にするのみならず、矯正後のかみ合わせが綺麗になるように設計しなければなりません。

しかし過度に安いセラミック矯正の場合、医師の技術不足からかみ合わせを矯正できずに終わるケースがあります。

これが2つ目のリスクとなります。せっかく歯自体は綺麗になっても、かみ合わせが悪いままならば頭痛や肩こりといったリスクが依然として高いままになります。

一度矯正したセラミック歯を治すのは費用も手間もかかるため、はじめからかみ合わせまでケアしてくれる歯科医院を選びましょう。

すぐに割れる 

先ほど、素材があなたに合ったものか否かに注意すべきと述べましたが、過度に安いセラミック矯正の場合は素材選びに大きなミスが発生するケースがあります。

特に歯ぎしりの強い人物に、もろさのある素材で作った人工歯を装着すると、矯正完了後すぐに人工歯が割れる恐れがあるのです。 

そのためあなたのクセや生活スタイルまでしっかりとヒアリングした上で適切な素材を選んでくれる歯科医を探す必要があります。

適切なセラミック矯正を行ってくれる歯科医を見つけるためには、カウンセリングが非常に重要なのですね。 

アフターフォローがない

こちらも先ほど触れましたが、過度に安いセラミック矯正の場合アフターフォローが存在していないケースがあります。

セラミック矯正を行うと、素材や技術があなたの歯にマッチしていても、術後に痛みが発生するケースがあります。このようなときに痛みをケアするアフターフォローがあると安心ですよね。

しかし過度に安いセラミック矯正の場合、アフターフォローが完全に別料金の場合があるのです。

そこで高い料金をとられると、安いセラミック矯正を選んだ意味がなくなってしまうので、あらかじめアフターフォローの有無については確認しておきましょう。 

まとめ

今回は安いセラミック矯正を見つけるポイントと、安さだけで歯科医院を選んだときに起こる危険について紹介しました。

歯の矯正はまとまったお金が必要になるため、安いものを求めるのは当然でもあります。しかし安さにつられて、再度の矯正になってしまっては元も子もありません。

安さも大切ですが、価格はあくまで一つの要素と割り切って、総合的な判断からあなたに合ったセラミック矯正を探してみてください。

特に実際の施術に入る前のカウンセリングは重要です。それを利用して相見積もりをとることもできますし、あなたのクセや特徴をしっかりと歯科医に伝える場にもなります。 

カウンセリングで不安が残る場合は、目先の費用と手間を気にせず、他の歯科医院に相談することをおすすめします。

そうすることで、あなたに合い、かつ費用をおさえたセラミック矯正を見つけることができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です